冷静と失禁のあいだ

夢日記と映画や本、美術展、エロゲの感想など。

思い出を"味わう"体験 『記憶の珍味 諏訪綾子展』

f:id:yun_sakura:20200213224505j:plain

選んだ『記憶のにおい』のチケット


資生堂ギャラリーで開催中の『記憶の珍味 諏訪綾子展』に行った。

bijutsutecho.com


展示室中央には椅子とテーブルが、そしてそれらを囲うように『記憶のにおい』が展示されていた。『におい』は8種類あり、果実のような甘い香りのものから、思わずうっと声が出る強烈な『におい』まで様々。

 

この展示で、『におい』を食べることは事前に知っていたので、初めは口にすることを前提で、果実のような香りの『におい』を選ぼうとしたが、時間もあったので、ひとつひとつ慎重に楽しみ、選んだ。

 

結果、『孤独と自由』という『におい』に辿り着いた。誰もいない深い森で、人目を気にせず深呼吸するような、不思議な心地よさがある『におい』だ。

 

その後、館内のスタッフの方に声をかけて、選んだ『におい』のチケットをいただき、待つこと40、50分ほど。一人ずつ『におい』を味わうため、10人しか並んでなくても、だいぶ待ちます。

自分の番になり、手を消毒して(今の時期、ここはとても重要!)、ヘッドフォンを装着、真っ暗な部屋に通される。ヘッドフォンからは人間の呼吸音のような音声と、部屋の中での指示が流れ、指示が来たら、暗い部屋の一か所で光る『におい』を口にして、味わう。傍から見たら、すごいシュールな絵面だ。ちなみに、食べる『におい』は、透明なグミでした。多分。先ほど選んだ『におい』が、口いっぱいに広がる。


果たして私は、この『におい』に結び付くような経験をしているのかしら……と色々思いを巡らせていたら、あっという間に終わりの合図が。もうちょっと時間頂戴!というのが正直な感想。

過去には、じっくり味わえる機会もあったようだ……。

www.fashionsnap.com

 

たとえば、友達と話している時に『思い出の味』というワードが、たまに現れる。

私たちは食べ物を口にすると、美味しい、不味い、好き、嫌い、と判断している訳だが、『思い出の味』は、必ずしも『美味しい』ものとは限らない。

何か嬉しかったり、辛いことがあったりした後に、たまたま口にしたものが、その記憶を思い出すきっかけとなる、なんてこともある。

他にも、思い出や記憶を振り返る時に、「苦い思いをした」と話すことがある。

 好きな人との「甘い」ひと時だとか、辛い思いをする……は「からい」ではないが、わたしたちは、経験を食べ物のように、実はひとつひとつ、味わっているのかもしれない。

今回の展示では、透明なグミが出てきた。『美味しい』や『不味い』の評価軸からかけ離れた見た目から入ることで、より思い出や記憶を味わいやすく配慮されていると感じた。

会話の中で、「~っぽい味」とか形容することはあれど、食べ物から思い出や記憶を想起する、といった体験なんて、殆どないので新鮮な体験だった。ついでに花椿の最新号とバックナンバーもいただき、ホクホクです。


出来れば、21世紀美術館でやっていたフルコースをまたやって欲しいなあ。
その時までには、この不思議な感覚にも慣れているはず……。

迷える人を導く"物語" 『八本脚の蝶』が文庫版に

f:id:yun_sakura:20200209120921p:plain


大学生2年生くらの時だろうか、二階堂奥歯の『八本脚の蝶』を手に取ったのは。

 

当時のインターネットで、南条あやの『卒業式まで死にません』、山田花子の『自殺直前日記』といった作品が紹介された流れで気になった作品。

 

上記のタイトルをご存知の方には、どういった文脈で紹介されているか察しが付くと思うが、『八本脚の蝶』は、25歳という若さで、自らの意思基づき、亡くなった女性編集者のエッセイ集である。

 

調べればすぐ分かるが、国書刊行会の編集者だ。そしてタイトルで検索すれば、彼女のブログをネット上で読むことが出来るので、なんとなく内容が気になった方はまず検索してみても良いかも。

 

大変な読書家だったため、本書には幻想文学、SF、コミックなど幅広いジャンルの作品が取り上げられ、時にはエッセイ内で引用、紹介されている。なので、「最近読みたい本がない」といった迷える読書家さんたちにとって本書はたいへん良い読書案内にもなるに違いない。

 

あと、ほんのり自殺願望がある人にもぜひ手に取って欲しい。本への愛がひしひしと伝わって、まだ世界にはこんな魅力的な本があるのか、と思える。その他、ファッションやコスメ、ドールなど話題も豊富で、引っかかるものがきっとあるはず。エッセイの良い点は、自分以外の人間の、リアルな主観がそのまま書かれているので、生々しさに救われる所だ。

 

 

そして、ジュンク堂では表紙のカードが付いてくる。

万華鏡を覗き込むように、蝶をあしらい、さらに奥歯さんが好きだった作家、ボルヘスの『バベルの図書館』*1がモチーフになっているのかしら。とっても素敵、なによりも、愛がある。たいへん良い。タイトルが改行されているのが若干気になるけど(仕方ない)

*1:岩波文庫『伝奇集』に収録されているはず

1月11日の夢日記

髪の長い女の子が窓辺に座っている。足元のあたりには、透明なグラスがある。日の光が、グラスの中の水を照らして、とても気持ちの良い五月の昼時のようで、女の子はそれを手に取り、キラキラと光る水をひとくち、ふたくちと飲む。嚥下すると、グラスの中の水に白い蛾がボチャリと落ちた。女の子は気にするまでもなく、蛾の入った水をゴクリ、と、一気に飲み干して、にんまりと、どこか得意気に、かつ品の良い笑みを浮かべた。私は、女の子の胃の中で、潰れた蛾のことを考えていた。

12月に気になったエロゲ作品まとめ

文学フリマが終わって、バタバタしていたらあっという間に12月になりましたね。もうホワイトアルバムの季節だね。私にとっては、天使のいない12月の季節でもあります。12月も終わりそうな勢いで日々ばたばたと過ごしております。

 

ほとんど自分用のメモですが、個人的に楽しみにしているエロゲの情報をまとめます。Twitterで語っても孤独なので、せめてはてなブログでは長文で語りたい……。

 

2008年に発売されたゲームですが、『天ノ少女』という殻シリーズ最終章の発売を控え、一章目にあたる本作がリマスターで登場するとのこと。


初回盤には殻ノ少女サウンドトラック『Azure』(廃盤)と、特典小説が付いてくるのでお買い得。実質無料。

2008年版の殻ノ少女の予約特典には、『Azure』と『殻ノ少女』がキッチリ収納できる予約特典のイラスト入りの真っ白な箱が付いてきたので既存ユーザーはこれらを保存用にしろって事なのかな!?いずれにせよ『Azure』を持ってない人は超おすすめです。

あとHD版は普及版が出るとの事で、確実に欲しい人は早めに手に入れた方が良さそう。

 

そしてさらっと虚ノ少女の方も装い新たに登場する。虚の方はショップで頻繫に見かけるので今からでも余裕で手に入ると思います。尺があまりにも長すぎですが、殻で冬子にハマった人はプレイ必須です。

 

殻ノ少女 HD版殻ノ少女 HD版

 

  • SaDistic BlooD

cyc-soft.com

Black cycことブサイクの新作です。
MinDeaD BlooD』の続編か!?と思わせるタイトルですが、世界観についてはMinDeaD BlooD』とは全く別物*1らしい。

 百合というかレズっぽい雰囲気+ブサイク新作ということもあり気になっている。そして和泉万夜&上田メタヲのタッグはオタクなら期待しちゃうでしょ……。最近、ゴアスクリーミングショウを再度購入し直したので、本作も楽しみ。ロープライスなのでお話は小規模らしい。

SaDistic BlooDSaDistic BlooD

 

MinDeaD BlooD Complete Edition Windows8.1動作版 DL版MinDeaD BlooD Complete Edition Windows8.1動作版 DL版

 

ゴア・スクリーミング・ショウ Windows8.1動作版 DL版ゴア・スクリーミング・ショウ Windows8.1動作版 DL版

 

  • 鍵を隠したカゴのトリ

Cabbitの新作です。何回か延期しているけど、これも楽しみ。

 

Cabbit 第四弾!「鍵を隠したカゴのトリ」応援中!

以前にも紹介した『翠の海』がとても良かったので、本作も期待……。延期はあんまり気にしないので、気長に待ってます。翠の海はEDテーマ曲が非常にオススメです。ぜひ聞いてみて作品の雰囲気に惹かれたらプレイしてみて下さい。MANYOさんが作曲されているのでイノセントグレイがお好きな方はよりオススメ!です!しつこく布教!

翠の海-midori no umi-翠の海-midori no umi-

 

中国向けに販売した作品がネットで話題になっていたり、いつの間にか海外進出を果たしたねこねこ……。20周年記念新作も日本・中国での同日リリースするそう。楽しみ~。かつて存在したファンクラブ復活の兆しがあるので、続報を待たれよとのこと。ねこねこソフトコミケのグッズがやたら力入っていたり、最近まで存在したHPが当時のままだったり、昔懐かしな雰囲気な力の抜き具合がツボなのでずっと好きです。『すみれ』ではねこねこソフトヒット作の『みずいろ』ひよりんルートがそのまま収録されていたり、麻雀ゲームには超ガチな麻雀入門書が特典として付いていたり、実は細かいこだわりが色々と凄いのです><神は細部に宿るとは正にこれのこと……。ちなみに『すみれ』をアンインストールしても、ハードディスクはフォーマットされません!

store.steampowered.com

 

文学フリマおつかれさまでした反省レポート

f:id:yun_sakura:20191201111543p:plain

状況


終わりました。

非常にバタバタしており、ご挨拶などろくにできずでした。

 

そして新刊合同誌『令和の怪談』を購入された方、既刊を買ってくださった方、何やってんだろうとブースまで足を運んで下さった方々、まことにありがとうございました。(そして特典の栞は準備不足てご用意できませんでした、申し訳ございません)。

イベント自体の今年の印象は、人が特に多かったです。

そして、前回よりも活気があったような気もします。

 

担当したこと

今回わたしが担当したこと:小説かく、表紙イラストかく、ディスプレイのイメージまとめる、販促アイデア出す(帯作る、キャッチコピーかく)

ディスプレイに関しては、Twitterで検索して低コストで揃えられそうなものを調べました。下記ツイートなども参考にしました。

f:id:yun_sakura:20191231225239p:plain

ディスプレイのイメージをイラストに起こした

 

グダグダ進行でしたが、販促アイデアでは新しい試みも。

帯(紙を定規で綺麗に分割して、カッターナイフで一枚ずつ切っていく、これを2人体制で3時間半くらいやった)をつけてキャッチコピーをその場で書いていく、
『キャッチコピー実演』。数枚POPを用意するよりインパクトがあると思って、よかれと思い実行したが、用意するのにめちゃめちゃ時間が掛かりました。


「何ですかこれ!?」とか「百合もあるんですか!?」という声もあって、良い影響があった反面、事前にしっかり準備すればよかったなと思いました。

例えば、もうちょっと事前にお互いの作品について読みこんだり、情報を整理したり、売りポイントについて掘り下げたり。

 全く関係ないキャッチコピーを書くことで、目を引いた部分もありました。

一方で、公式Twitterの投票から察するに、(まあ投票数は置いておいて)作品の雰囲気で買われている面があるので、雰囲気を壊しかねないキャッチコピーは次回以降避けてもいいかもと思いました。


本はどこで買えますか? 

早速ですが、新刊をnoteで販売開始しました。

100円です。100円で買えるものって結構ありますよね。最近は100円ショップに行ってもなかなか出来が良いものもあるし、kindleでも100円でプロが書いた作品や、ハイクオリティの作品に出会えてしまう時代です。そんな時代に100円って価格を付けるのは心苦しいですが、あえて100円という価格に価値を見出すなら以下の理由があるでしょう。

  • 最近引きこもりがちで、近況報告を怠っているけどお茶一杯支払わず、外出せずに15,000字くらいで私の近況がわかる
  • わたしは転職したものの、4月以降入社なのでボーナスが支給されていない。可哀想なのでボーナス代わりの投げ銭になる
  • 最悪な百合なるものを知ることが出来る
  • あの本やあのゲームやあの同人誌のネタをちょろっと出しているので、知っている人は100円でクスッとできる

以上です。え?あんまりメリットがない?購入後に感想頂ければ、次回以降糧にします。ご興味があれば、ぜひご覧下さいませ。

note.com

 

冬だけど怪談やるぞ!文フリでます@ア-35〜36

f:id:yun_sakura:20191122223646j:plain

わたしの精神は終わってますが文学フリマに出ます。
冬季うつ勝てないです。無理です。打ちひしがれてます。
それでも時間は強制的進んでいき、進めないといけない環境に身を置いているので(労働)なんとかギリギリで生きてます。

閑話休題。今回テーマは『令和の怪談』です。
わたしは小説を寄稿して表紙イラスト書きました。
最近読んだ本やなんかいろいろを引用して百合作品書きました。
好きを描いたら嫌いを書きます。今回は嫌いなものをストレートに描いたつもりです。

当日は、帯にキャッチコピーをその場で書いて売るなど、
キャッチコピー実演(?)を考えてます。


というのも、昨年は気合いで本の魅力をプレゼンして売っていたのですが、
今年は一冊ずつ思い入れがある仕様にしてみようと、キャッチコピーを帯に手書きで書く、新たなチャレンジをしてみます。


つまり、刷っている部数だけ売り文句(魅力)あるということです!
(字を書き間違えて紙を無駄にしなければ!)


ということで!今回の作品はサークルメンバーが超ギリギリの時間の合間を縫って、
作成しました。残業いっぱい、夢いっぱいですね。


大学卒業、そして就活を終え、社会人になったサークルメンバーたち。

社会の闇に背中を押されながら、
進化を遂げてきた文芸サークル『マチダニア』。


リクナビ2084』『祝祭』といった迷作を生み出し、今回もまた、
同人でしか成立しないような…
刺激的でカオスで…
描きたいことがストレートに表現されている短編集を作りました。


『怪談』というシンプルかつストレートなテーマを、
マチダニアメンバーはどう料理するのか。


乞うご期待。

 

 

f:id:yun_sakura:20191122230309j:plain

新刊購入特典で配布予定の栞です。

 

すみっこぐらしの映画が辛かった(ネタバレ)

f:id:yun_sakura:20191116235144j:plain

巷で話題のやつを見た。
もともとすみっこぐらしが好きだったこともあり、映画化したのは嬉しい。公開二日くらいでTwitterで評判になり始め、期待を胸に本日観賞した。
可愛らしい子供たちと、黒っぽい大人が並んで観賞する絵面である。大きなお友達(男性)向け上映、とかやり始めたので配慮は流石だなと思った。
もともとすみっこぐらしが大人が共感できるようなポイントを押さえていることもあり、ストーリーはちょっとだけネガティブな個性が手前に出ている。

個人的に辛かったポイントは、ぺんぎん?のコミュニケーションだ。

ぺんぎん?は自分探しをしている設定である。彼?は集団で過ごしているときに、自分だけ本を読み始めるなど社会性のない振る舞いをしてぶっきらぼうだが、ひよこに出会うと態度が一変する。
ひよこが自分のアイデンティティーや仲間を見失っている存在だとわかったからだ。
彼?は、自分と同じ境遇であるとわかった途端、やたらひよこに世話を焼き、ひよこに優しくするようになったのだ。

私はこのシーンを見て非常に辛くなった。
ぺんぎん?のそっけない側面とのギャップを描くために、実は優しい一面があると伝えたかったのだろうが、このコミュニケーション、身に覚えがありすぎて辛くなった。メサコン的な振る舞いである。
思わず、ギャーッと叫びたくなってしまった。

もう一つ辛くなったのが、狼のとんかつに対する態度だ。とんかつは高カロリーゆえに誰からも食べてもらえないという悩みがある。そんな彼?は赤ずきんの物語の世界で、狼に喜んで食べられようとする。(ここはキャラクターの設定と物語の流れが合っていてとてもよかった)しかし狼は優しさゆえに、直接的に「油の固まりは食べられない」と言わず、曖昧な態度でとんかつに接し、とんかつから逃げる。その後も言葉を濁してとんかつとコミュニケーションをするのだ。なんて残酷な優しさだろう。
こういうの、どこかでやった気がするぞ。そうだ、社会だ。

このように、グサッと来るような思い当たる節が散りばめられている。みたいなことを考えていると、可愛いビジュアルが頭に入ってこない。ビジュアルなのに。私は一体、何を見ているのだろう。

物語の突っ込みはこの程度にして、やっぱりキャラクターは非常にかわいかった。フワッと感があるひよこに、もちっとほどよい重量感があるすみっこ達。ぬいぐるみやキャラクター好きのわたしにとって、たまらないです。

この映画、一言で表すと……

「あなたの周りの世界は…あなたが思うより、ちょっとだけ、優しいよ」

*1


あれ?これエロゲじゃね……?

*1:フォセット-Cafe au Le Ciel Bleu-収録「里伽子抄」より