いつかのメモラージョ<感想>

f:id:yun_sakura:20190326130315j:plain


プレイ時間:2時間~3時間くらい

百合度:★★★★★

おすすめ:★★★☆☆

ルカ可愛すぎる:★★★★★

 

ざっくり感想

※あまりネタバレにならない程度に書きます。

まず特典。予約して買ったので成瀬ちさとさんの色紙+カナーコのストラップがついていました……!とっても可愛い……。サイケな色をしたルカも可愛い……。

ドラマCD(データ)これはかなりというか大分エッチだった。いちゃらぶではあるがエッチである。どんな顔して聞いていいのかわからずニヤニヤするしかない内容。辞書はもっと文法書的なものを期待していたので、思っていたのと違ったかもしれない……。

f:id:yun_sakura:20190326130333j:plain

【物語の感想】

批評空間にもAmazonにも今のところ一切感想がないのでメモ残しました。まだ購入されてない方の参考になればいいな~と。
前作の一部エンディングの続き、ということもあり、前作をプレイしてからの購入を推奨します……。人間関係、元ネタ、ボリューム的にも、前作をプレイしていないと楽しめないかもしれないです……。しかし大分時間が空いたんで前作の内容もかなりあやふやです……。

クダンノフォークロアと並行開発?+度重なる延期で、やや不安だったこともあり、発売後に様子を見てから買うか~と思ってました。が、我慢できずにに予約購入した次第です。ルカこと内田秀さんボイスが猛烈に恋しくなったのと、ルカと凛の掛け合いが癒されるので、そこが好きな人にはオススメです。

とにかくルカの「ん~?」が可愛い。トニカクカワイイ。スケラスパーロさんルカというキャラクターを作ってくれてありがとう……という気持ち。

今作でも言語の壁を取り扱っていて、エスペラントが分からない人は2周プレイしてより楽しめる出来になっているのは、すごく好感を持てました。ユリアーモ文字表示をエスペラント表示に変えてプレイ。このゲームのためにコツコツとエスペラントをduolingoというアプリでプレイしていたので何となく会話は理解できましたが、中盤になってくると、全くわからず……。分からないままとりあえずエンディングを迎えて、2周目は和訳表示でプレイしました。

初めから和訳表示させるよりかは、まずは自分の言語能力で凛と同じ様に、『壁』にぶち当たって見て欲しいです。そういう意味で周回プレイするには丁度いい長さなのかも。

個人的にはストーリーの中に、もっと前作のような学習要素があっても良かったなあと思いました。本作のオマケ要素はまだ触ってないです。

クダンノフォークロアも予約したので楽しみ~。志摩塔子さんのビジュアルがモロ好みだったので購入を決めました。プールで顔色を悪くしているイベントCGがサンプルで出ていたのと、手袋をしているので怪我をしているか、日差しに弱いキャラクターなのかしら……。これで悪役のようなキャラクターだったらもっと最高です……。期待してます。

ソフィ・カル《限局性激痛》を見る

原美術館に初めて足を運ぶ。住宅街にヒッソリと存在する美術館で、雰囲気は小規模な金沢の21世紀美術館みたいだ。惜しくも2020年に無くなってしまうそう。とても素敵な建物なので、ぜひ自分の目と足で形を確認して欲しい。

展示は、失恋という『不幸』までのカウントダウンで始まる二部構成だ。


一部は、原美術館の一階に展示されている。

大好きな恋人へのメッセージや写真が主で、やり取りの全てに『あとXX日』という真っ赤な消印のようなスタンプが押されている。カウントダウンによって、不穏な雰囲気を読み取ることができ、『不幸』に近付くにつれて緊張感が増していく。

一部を見たら、館内の階段を登って、二部を見る。


二部のスタートは『不幸』の現場から始まる。
『不幸』はホテルの一室で、なんとこの現場が展示の一部として表現されているのだ。二部はここに始まり、ソフィ・カル自身の『不幸』について刺繍で綴ったものと、他人の『不幸』を綴ったものがずらりと並んでいる。要は自分の辛さと他人の辛さを比較しているのだ。並べられた他人の不幸のエピソードは、どれも痛ましいものばかりなので、ソフィ・カルの『不幸』は段々と""薄れ""ていく。とても不誠実だと誰でも思うはず。

最初の感想は「気持ちが悪い」だった。

まず、周りがこういう感覚で物事を処理していたら、と考えるとぞっとする。というのも、人の体験と自己の体験を比較しないというのが、私の中のルールだったからだ。当たり前だけど比較するときりが無いし、自身が痛みを持った経験だけがその人にとっての本物の痛みという認識でいいと思っていたから。

あとは、もっと個人的な感想として、失恋という体験を『不幸』に括ってしまうのは惜しいなと思ってしまった。あまり、『不幸』を『忘れよう』としたことが無かったので、より理解が出来なかった。

だけど、この『不幸』が失恋じゃなかった場合は、どうだろうか。

ソフィ・カルの場合はたまたま失恋だった。
けど、『不幸』と言えるような出来事で心が痛まないようにするために、他人の経験と比較して「私はまだマシだ、だから大丈夫だ」と思える処理は、無意識にしてしまっているかもしれない。少なくとも、全くしてないとは言えないはずだ。


失恋という、誰でも体験する類の平凡な不幸のチョイス。
これは共感を得やすい切り口で、悪質だなあと思う。


唯一、気に入った記述はヨウジヤマモトの服(たぶん)を着る時のエピソードだ。ちゃんとこれはメモすればよかったなあと反省。次に美術館に行くときはちゃんとメモを持っていくぞ~。

 

ソフィ・カルについて全く知識が無いので、彼女がこの恋愛に激しい情熱を感じていたのかわからない。だってあまりにも、構成には冷静さを感じる。それゆえ、彼女が表面上で激情的であることを愛してるのではないか、と私は錯覚した。

 

それでもいい気分になれる展示ではないし、とても考えさせられるものだとは思えなかった。やっぱり中身は感情なので、失恋後のアクションは占い師に見てもらったりと本当に普遍的だった。そこは安心できるポイントでもあるけれど、感情に面白さを感じるには限界があるなあと。でも構成と切り口、演出は斬新で面白さがある。
あと原美術館はとてもいい場所ということを知った。2階の階段脇にあった展示は特に気に入った。あーこれもちゃんとめもれば良かったんだろうけど、廃墟のようなむき出しの空間にある管から花がひとつ咲いているという空間だった、はず。そこまで近付いて見れなかったが、薄いピンクの花だった。ありきたりかもしれないが美しい構図だった。誤解でも反復したいと思える印象を抱けて幸福だった。

1月15日の夢日記

新しい職場の上司が突然深刻そうな表情で「じつはこの職場、あまり良くないし、あなたも三ヶ月以内に転職した方がいいと思うの」と言った。私は「そうだったの!?」と驚いて、職場を探すか悩んでいた。すると他の上司が私の悪口をいい始めたり、暴言を吐き始めた。私は怖くなって、とりあえず最初の職場に電話を掛けた。2コール目で繋がって、あまりうまく説明が出来なかったが状況を説明して、再び雇用してほしいと頼んだ。以前の会社の上司は、優しかった人だったのに営業マンを追い払うような口調で「お断りします」と言った。電話越しに、以前の職場の人たちが賑やかに笑いあったりしている様子が伝わって、私は目が覚めた。

1月7日の夢日記

教室は40階くらいの吹き抜けで、正方形で、細い柱の木造だった。机は大学によくある長机で、ところどころニスがはげている部分があり、むき出しの木の粗い筋がたまに手に刺さる。教室の中央から下をのぞくと真っ暗で、風が吹いている。ここが高い場所だということはすぐにわかった。授業はなぜかここで行われた。たまに風が教科書をパラパラとめくっていった。

机には一人一つずつの制服が置かれていた。チェックの継ぎ接ぎで、一人一人デザインが異なるセーラーだった。隣に置いてある子のデザインは大きい黄色と赤のチェックで、そっちの色使いのが私の好みだった。こっそり交換したいと思ったが、結局しなかった。

私は授業後、以前絶縁した友人と教室で話した。最初はお互い、気まずそうに話していたが、途中からうちとけあい、友人は「今夜一緒にベッドの上で宿題をやろうよ」と言って笑った。

そのうちに私は、彼女とのことを全部許してしまっていて、だけど悔しさは微塵も感じず、とても心地のよい気持ちになった。風は相変わらず冷たくて、ヒュオオオと音を立てていた。私はいつも許される側の人間なのだと気付く。

11月~12月上旬に見て・読んで良かったものまとめ

f:id:yun_sakura:20181207134314j:plain


ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション

エヴァ前にとんでもない爆弾がやってきた……。旧劇のラストのような構図でエンディングを迎えるのがまたグッとくるものがある。エウレカはシンジ君がシンジ君をやめる話だと思ってます。

ウィズダムズのけものたち

モナーBLです。ケモノが流行っているので、手に取ってみた。何気に人生初。ファンタジー要素アリで可愛い。初心者向けの内容なので安心して読めた。


・かげきしょうじょ!! 1 (花とゆめCOMICS)

ヅカ系の百合っぽい漫画。歌舞伎も絡んでくる。演劇やってたので楽しめた。続きが気になってしまっているので新刊出たら買っちゃいそう。


・ブルーピリオド(3) (アフタヌーンKC)

今年一番面白かったと思った漫画です。激推し。東京藝術大学を目指す王道受験マンガというだけで、独自路線走っていると思うんだけど、ちゃんと絵にまつわる技術や観賞の知識を盛り込んであって勉強になる。抽象絵画や絵とかなんだかわかんない!という層にもオススメできる一作。最高でした。


・終わりと始まりのマイルス1 (Fx COMICS)

エロエフの連載作品ですね。もう新刊出ないらしく残念です。SF×エロ×ラブコメという組み合わせが斬新な世界観でとても良かったのになあ。


美術手帖 2016年8月号

あいそももかさんの表紙がとても好きです。2年も前の雑誌ですが、内容はVR技術や3Dアニメーション制作に纏わる特集です。非常に興味深い内容でした~。3Dポリゴンアニメって動きや癖がなくてあんまり好きじゃなかったんですが、最近は宝石の国のアニメが良かったので手に取ってみました。3Dアニメって演劇みたいな総合芸術の世界なんですね。


PSYCHO-PASS ASYLUM 1 (ハヤカワ文庫JA)

サイコパスがふたたび劇場アニメになって戻ってくるとの事で積読解消。いただいた本だったのだけどしばらく読むきっかけがなかったが、ちょっと読み始めたら手が止まらなかった!スピード感がある展開。あと気持ち悪くなるくらいグロい……。特に『無窮花』というエピソードが良かった。チェ・グソンという脇役キャラが主人公をつとめているが脇じゃおさまらないくらいの壮絶な過去があった、というお話。これくらいスピード感を持って読ませる文章いいですね。おちんちんちょん切られる描写と強姦シーンは本当に痛々しくてきつかったです。ちょっと辻褄合わないところもあったけど読ませる文章でした。PSYCHO-PASS ASYLUM 2 (ハヤカワ文庫JA)の弥生たんのエピソードも読みたくなった。

・TVアニメ『ACCA13区監察課

すこぶる良かったですね。自分好みで一気見しました。以前トーストに関するブログ書いたんですが、このアニメのキャラクターは全員トースト大好きで私的に最高でした。美味しいものを追求しながら、クーデターに巻き込まれていくっていうシリアスな展開なので、そのバランスが非常に良かったです。多分漫画も読むと思います。OPが中毒性高くて耳に残るのでそっちも聞いてみてください~。

omaega-shine.hatenablog.jp

女性同士の恋愛を描いた作品は全て百合なのか?―百合試論小説の電子版を公開しました。

f:id:yun_sakura:20181203132617p:plain


百合は好きですか?

私は百合が好きです。でも私には百合が何なのかわかりません。



文学フリマで販売した『祝祭』に寄稿した『星の夜』という小説をnoteで販売&公開しました。よろしければ課金してご覧ください。課金したくない方はこの記事をご覧ください。

note.mu

正直、今回は巨大な宝石を削っていたら、形を整えようと努力して、中心に大きな空洞をあけてしまった、という出来です。(察してください)

なので、ざっと『星の夜』について書きたかったことをまとめます。

今回は『祝祭』という共通テーマで、前回同様(前回は百合SFを描きました)百合を描こうとしました。『祝祭』からストーリーをイメージし、そして書き上げたのが『星の夜』という小説です。

『星の夜』は、白いフリルのついた制服を身に纏い、外部から隔離された女子校でのびのびと育った、純粋無垢な少女たちの性欲についてのお話です。

 

話は振出しに戻りますが、私は厳密に、百合の定義がわかりません。

 

少女セクト』や『オクターヴ』(なんと、ガレットで秋山はるさんの新作が掲載されたそうです……)『ガールフレンド』といった名作揃いの素晴らしいジャンルです。

ですが、『女性同士の恋愛を描いた作品』を百合だと扱ってしまうと、何だかエロ漫画的解釈になってしまうので避けたいとおもいました。(エロ漫画はエロ漫画で面白みがあります)

私は、同性を好きになった(性的、恋愛、友情、憧憬)時に抱く、複雑な感情に百合らしさを感じます。一言で表すと、どの感情も『好き』に限りなく近いですが、その時に友情や恋愛、憧憬を行ったり来たりを繰り返す複雑な乙女心を百合的なものだと思っています。なので、百合って何?百合ってレズ?と聞かれると困ります……。

じゃあ『女性同士の恋愛』を描いていて、カップルのうちの一人は、単なる性欲で相手の事を好いていて、もう片方は、女子校生活ゆえ異性カップルに憧れを抱いて真似事をしているだけだったら、それは百合に見えちゃうのかしら、それって本当に百合なのかしら。

という疑問を投げかけて作りました。

『星の夜』のヒロインの二人は、カップルですが、『性欲をぶつける相手が欲しかった』女の子と、『異性愛に憧れを抱いてその真似事をしたい』女の子です。

二人は、お互いの『好き』が、なんとなく『本物』でないことに気付いています。でも、お互いに執着して恋人を続けます。『文化祭』という学生生活最大の非日常イベントを控えて感情が高ぶっている中、二人は性欲に翻弄されながら『本当の好き』を探ろうとします。

この作品を通して、『女性同士の恋愛』を描いた作品が全部百合になってしまうのが悔しいが、作者(私)は何が百合なのかわからずに苦悩している、というのが伝われば幸いです。

 

みなさんも百合について一緒に考えていきましょう。

 

それでは。

 

夢日記11/30

私は最終出勤のあとに上司と一緒に帰ることになった。上司は女性で、とても小柄だが歳が一回り上だった。その上司とメールについて話してると、列車が私の最寄り駅のホームに滑り込んだ。いよいよお別れの時に、私がお世話になりましたと告げようとすると、上司は車内で私の唇にキスをした。特別な別れのようで少し嬉しかった。挨拶のキスがあるならこれはお別れのキスに違いない。性的なものを感じさせない特別なキスだった。

私は驚きで言葉を失ったまま、内心嬉しくなってホームに降りた。すると、ホームにはぬいぐるみを抱えたたくさんの人だかりが出来ていた。白人が多かったので、英語で「どうしてぬいぐるみをかかえているの?」と聞くと、白人は気さくに答えてくれて、私たちは英語で言葉を交わし、楽しくすごした。胸中はキスでふれた唇のことでいっぱいだった。