クリスチャン・ボルタンスキー – Lifetime展のメモと感想

f:id:yun_sakura:20190706205649j:plain


お天気が悪くて気圧も低くて、陰鬱な気分のままボルタンスキー展に足を運んだ。ボルタンスキー展も陰鬱な薄暗い気分をそのまま再現したような空間だった。

入口を通ると、映像が流れている。映像は、仮面を被った表情のない男が、チロチロと舌先で人形の女の子の唇を舐めているだけの映像だった。もう既にかなり気持ち悪い。ただ男がひたすら女の子をペロペロしている映像を、暗闇の中で、色んな人たちが熱心な顔つきで見ているのが非常にシュール。(なめる男)

不安を抱えたまま通路をむと、大量の白黒写真が並べられていた。

普通の家族の写真である。その後は、モニュメント(記念碑)が不規則に置かれていた。ぼやけた、子供の顔の白黒写真を、橙色のライトが宗教的に照らしていた。目や口元のくぼみが強調されていて、遠くからぼーっと見つめているとどれも同じような顔つきで、近くで見ると個体差があるようにも思えてくる。その子をもっとよく知ろう近づいて見ても、並べられているのはただの顔写真一枚だけで、それもぼやけているものに過ぎないことに気付く。この距離感も不気味だった。

遠くから心臓音のする広い空間では、黒いコートを羽織った木の人形が点在し、中心に大量の服の山がある。(ぼた山)先ほどの写真と同じように、一つ一つの形や色を読み取ることは難しい。ただ、積み重なっている大量の衣服なのだ。自分と同じ服を纏う人には、セールで買った服とユニクロの服を着ている時くらいにしかほぼほぼ出会わないが、服が本来持つであろう個性のラベルの意味を全て取り去ったもののようで、世界史の教科書の写真にあるような死体の山を見ている気分になった。一つ一つの人間・死には意味があったのか、無かったのか。これを見ている限り、死んだ数だけに意味があったとしか思えない。

山を取り囲むように配置された人形に近づくと音声が再生され「ねえ、祈った?」と私たちに問いかけてくる。人形は全て、「ねえ」と私たちに問いかけ、それはまるで死者が、死ぬ瞬間の感覚を私たちに囁いてきているようで、そのまま悪夢に出てきそうな光景だった。この山を構成する服(人間)、一人一人の長い時間の積み重ねであっただろう人生に唐突に打たれた終止符で起きたであろう痛みや記憶、感覚を立体的に表現しているようだった。

最後の空間は、海と鯨のカラー映像だった。海の向こう側へ向かうと、(黄金の海)を渡り、出口に続くようになっている。

わかったことは、日曜日のお天気の良い日に見るものではない!ということ!

展示概要を見ればなんとなく伝えたいことは見えてくるかもしれないけど、一通り見終わるまでは、敢えて何も見ずに、見た人たちが感じ取った「不気味さ」を言語化して、どこかにシェアして欲しいなあ。これはぜひ見た人たちの感想を知りたいなと思ったので、わたしはこうしてメモを残している。

 

※メモ

新国立美術館に行きたいなと思ったきっかけが、ピエールボナールの展示で図録を買い忘れたからだった。あの展示は本当に良かった。あとあと図録が欲しくなったんだけど、なんでこんなに良い展示をみて図録を買わなかったのか思い出した。生で見た時の印象と、図録での印刷の色味が全く異なっていて、全然良くなかったからだ。

蟷螂の産卵

肉体に押し込まれるとき、肉体を押し込んでいる。

蟷螂のメレンゲのような卵が、あなたたちは所詮虫と同じようなものと言っているようで、わたしは、わたしからもあなたからも距離を取りたくなる。目には見えていないだけで、柔らかく、ふしゅっとした、あの中に、かまをもつことになるあれがわんさか詰まっているのか、と思うと、その可能性とえげつなさに眩暈する。指の腹で潰したら、ふしゅっという音を立てて、骨の折れる音がしたら、わたしはあなたにも冷静になることができるのかもしれない。ぱきっ

いつかのメモラージョ<感想>

f:id:yun_sakura:20190326130315j:plain


プレイ時間:2時間~3時間くらい

百合度:★★★★★

おすすめ:★★★☆☆

ルカ可愛すぎる:★★★★★

 

ざっくり感想

※あまりネタバレにならない程度に書きます。

まず特典。予約して買ったので成瀬ちさとさんの色紙+カナーコのストラップがついていました……!とっても可愛い……。サイケな色をしたルカも可愛い……。

ドラマCD(データ)これはかなりというか大分エッチだった。いちゃらぶではあるがエッチである。どんな顔して聞いていいのかわからずニヤニヤするしかない内容。辞書はもっと文法書的なものを期待していたので、思っていたのと違ったかもしれない……。

f:id:yun_sakura:20190326130333j:plain

【物語の感想】

批評空間にもAmazonにも今のところ一切感想がないのでメモ残しました。まだ購入されてない方の参考になればいいな~と。
前作の一部エンディングの続き、ということもあり、前作をプレイしてからの購入を推奨します……。人間関係、元ネタ、ボリューム的にも、前作をプレイしていないと楽しめないかもしれないです……。しかし大分時間が空いたんで前作の内容もかなりあやふやです……。

クダンノフォークロアと並行開発?+度重なる延期で、やや不安だったこともあり、発売後に様子を見てから買うか~と思ってました。が、我慢できずにに予約購入した次第です。ルカこと内田秀さんボイスが猛烈に恋しくなったのと、ルカと凛の掛け合いが癒されるので、そこが好きな人にはオススメです。

とにかくルカの「ん~?」が可愛い。トニカクカワイイ。スケラスパーロさんルカというキャラクターを作ってくれてありがとう……という気持ち。

今作でも言語の壁を取り扱っていて、エスペラントが分からない人は2周プレイしてより楽しめる出来になっているのは、すごく好感を持てました。ユリアーモ文字表示をエスペラント表示に変えてプレイ。このゲームのためにコツコツとエスペラントをduolingoというアプリでプレイしていたので何となく会話は理解できましたが、中盤になってくると、全くわからず……。分からないままとりあえずエンディングを迎えて、2周目は和訳表示でプレイしました。

初めから和訳表示させるよりかは、まずは自分の言語能力で凛と同じ様に、『壁』にぶち当たって見て欲しいです。そういう意味で周回プレイするには丁度いい長さなのかも。

個人的にはストーリーの中に、もっと前作のような学習要素があっても良かったなあと思いました。本作のオマケ要素はまだ触ってないです。

クダンノフォークロアも予約したので楽しみ~。志摩塔子さんのビジュアルがモロ好みだったので購入を決めました。プールで顔色を悪くしているイベントCGがサンプルで出ていたのと、手袋をしているので怪我をしているか、日差しに弱いキャラクターなのかしら……。これで悪役のようなキャラクターだったらもっと最高です……。期待してます。

ソフィ・カル《限局性激痛》を見る

原美術館に初めて足を運ぶ。住宅街にヒッソリと存在する美術館で、雰囲気は小規模な金沢の21世紀美術館みたいだ。惜しくも2020年に無くなってしまうそう。とても素敵な建物なので、ぜひ自分の目と足で形を確認して欲しい。

展示は、失恋という『不幸』までのカウントダウンで始まる二部構成だ。


一部は、原美術館の一階に展示されている。

大好きな恋人へのメッセージや写真が主で、やり取りの全てに『あとXX日』という真っ赤な消印のようなスタンプが押されている。カウントダウンによって、不穏な雰囲気を読み取ることができ、『不幸』に近付くにつれて緊張感が増していく。

一部を見たら、館内の階段を登って、二部を見る。


二部のスタートは『不幸』の現場から始まる。
『不幸』はホテルの一室で、なんとこの現場が展示の一部として表現されているのだ。二部はここに始まり、ソフィ・カル自身の『不幸』について刺繍で綴ったものと、他人の『不幸』を綴ったものがずらりと並んでいる。要は自分の辛さと他人の辛さを比較しているのだ。並べられた他人の不幸のエピソードは、どれも痛ましいものばかりなので、ソフィ・カルの『不幸』は段々と""薄れ""ていく。とても不誠実だと誰でも思うはず。

最初の感想は「気持ちが悪い」だった。

まず、周りがこういう感覚で物事を処理していたら、と考えるとぞっとする。というのも、人の体験と自己の体験を比較しないというのが、私の中のルールだったからだ。当たり前だけど比較するときりが無いし、自身が痛みを持った経験だけがその人にとっての本物の痛みという認識でいいと思っていたから。

あとは、もっと個人的な感想として、失恋という体験を『不幸』に括ってしまうのは惜しいなと思ってしまった。あまり、『不幸』を『忘れよう』としたことが無かったので、より理解が出来なかった。

だけど、この『不幸』が失恋じゃなかった場合は、どうだろうか。

ソフィ・カルの場合はたまたま失恋だった。
けど、『不幸』と言えるような出来事で心が痛まないようにするために、他人の経験と比較して「私はまだマシだ、だから大丈夫だ」と思える処理は、無意識にしてしまっているかもしれない。少なくとも、全くしてないとは言えないはずだ。


失恋という、誰でも体験する類の平凡な不幸のチョイス。
これは共感を得やすい切り口で、悪質だなあと思う。


唯一、気に入った記述はヨウジヤマモトの服(たぶん)を着る時のエピソードだ。ちゃんとこれはメモすればよかったなあと反省。次に美術館に行くときはちゃんとメモを持っていくぞ~。

 

ソフィ・カルについて全く知識が無いので、彼女がこの恋愛に激しい情熱を感じていたのかわからない。だってあまりにも、構成には冷静さを感じる。それゆえ、彼女が表面上で激情的であることを愛してるのではないか、と私は錯覚した。

 

それでもいい気分になれる展示ではないし、とても考えさせられるものだとは思えなかった。やっぱり中身は感情なので、失恋後のアクションは占い師に見てもらったりと本当に普遍的だった。そこは安心できるポイントでもあるけれど、感情に面白さを感じるには限界があるなあと。でも構成と切り口、演出は斬新で面白さがある。
あと原美術館はとてもいい場所ということを知った。2階の階段脇にあった展示は特に気に入った。あーこれもちゃんとめもれば良かったんだろうけど、廃墟のようなむき出しの空間にある管から花がひとつ咲いているという空間だった、はず。そこまで近付いて見れなかったが、薄いピンクの花だった。ありきたりかもしれないが美しい構図だった。誤解でも反復したいと思える印象を抱けて幸福だった。

1月15日の夢日記

新しい職場の上司が突然深刻そうな表情で「じつはこの職場、あまり良くないし、あなたも三ヶ月以内に転職した方がいいと思うの」と言った。私は「そうだったの!?」と驚いて、職場を探すか悩んでいた。すると他の上司が私の悪口をいい始めたり、暴言を吐き始めた。私は怖くなって、とりあえず最初の職場に電話を掛けた。2コール目で繋がって、あまりうまく説明が出来なかったが状況を説明して、再び雇用してほしいと頼んだ。以前の会社の上司は、優しかった人だったのに営業マンを追い払うような口調で「お断りします」と言った。電話越しに、以前の職場の人たちが賑やかに笑いあったりしている様子が伝わって、私は目が覚めた。

1月7日の夢日記

教室は40階くらいの吹き抜けで、正方形で、細い柱の木造だった。机は大学によくある長机で、ところどころニスがはげている部分があり、むき出しの木の粗い筋がたまに手に刺さる。教室の中央から下をのぞくと真っ暗で、風が吹いている。ここが高い場所だということはすぐにわかった。授業はなぜかここで行われた。たまに風が教科書をパラパラとめくっていった。

机には一人一つずつの制服が置かれていた。チェックの継ぎ接ぎで、一人一人デザインが異なるセーラーだった。隣に置いてある子のデザインは大きい黄色と赤のチェックで、そっちの色使いのが私の好みだった。こっそり交換したいと思ったが、結局しなかった。

私は授業後、以前絶縁した友人と教室で話した。最初はお互い、気まずそうに話していたが、途中からうちとけあい、友人は「今夜一緒にベッドの上で宿題をやろうよ」と言って笑った。

そのうちに私は、彼女とのことを全部許してしまっていて、だけど悔しさは微塵も感じず、とても心地のよい気持ちになった。風は相変わらず冷たくて、ヒュオオオと音を立てていた。私はいつも許される側の人間なのだと気付く。