読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冷静と失禁の間

アンハッピーセットのオマケは幸せな夢を孕むのか?

『帰ってきたヒトラー』感想

感想 映画

f:id:yun_sakura:20160620003743j:image
映画の感想書くの久しぶりすぎて、というのも自分の無知が赤裸々に綴られているような気がして不安になってしまい、書くのをやめてしまっていたのですが、半身浴ナウで暇なので書いてみました。自分がのぼせない程度の分量なので、片手間に読めると思います。

まず、よい映画です。
ヒトラーがどういうことをしたか、という曖昧な知識があれば楽しめると思います。たぶん、悪いことをしたっていうイメージが強い歴史上の人物、って考えたときにヒトラーがパッと出てくる人は案外多いからたまたまヒトラーがテーマで描かれている気がしなくもなくもない……

それゆえか、風刺している事についてはどの国にも当てはまることなので(ドイツだけに限った話ではないと思うし)おすすめしたい所存。

ザックリあらすじを言うと、なぜか突然現代にワープしたヒトラーが現代のドイツで「ドイツの何が問題か」と実際にインタビューしていったり(このやり取りはどうやら台本なしなのでリアリティがあり面白い、怖い)、注目を集めたりお笑い番組に出て人気を獲得していく…内容です。

テレビ会社(だったかな…)に勤める主人公も、ヒトラーはとりあえず悪い人!とだけのイメージで、本物のヒトラーとは知らずに、タブーを敢えて触れていく面白芸人として売り出していくんですが、この時点でギャグコメディとして描かれていても、かなり恐怖を感じるべきだったのだと終わった時点で気付きました。
面白い、斬新、最初はみんなそう思うのかもしれないけれど、そうやってしてどこかで扇動されているのかもしれない、危機感を持っていくべきなのでは。そう主張しているようにも捉えることが出来ます。特に、インタビューのやり取りがあったのでこの点がとくに面白く感じたのかも。

ヒトラーが残した功績(アウトバーンとか失業者減らした事くらいしか知らないのだが、これがヤバイのだが)や、思想、歴史などの内容を取り扱っているより、選んでしまった国民への風刺がメインだと思います。

オチについては実際に見て、感想を持ってみてください。面白かった、なんて言うのは本来間違ってるのかも知れませんが。主人公はたまたま現代人で、ヒトラーが過去の人物だったからこの話はこうなったわけで、ヒトラーが過去の人物じゃなかったら……?主人公はどういう対応をしたのか、考えてみて下さい。

酩酊

こないだ、一年ぶりくらいに集いに参加してきた~󾭺

とにかく、主催者の一人を除いて、全員知らない人だったし、ワサワサひとがいっぱいいた。

1つのイベントに対する目標とかがない、人と交流する事を目的とした状態で、ひとが集まってるのを久しぶりに見た気がする。
やっぱり飲み会とかは、人脈作りとか、会社のためとか仕事もらうためとかそういう目的があるし、純粋な楽しみだけでの集まりっていうのは今時なかなかないと思う。

役職や立場を意識しながら会話すると話すことも毎回大して変化無いし、結果「よおしがんばるぞお~(しかし実際は女にベタベタ男にベタベタついでに婚活ドロドロ人間関係地獄)」しかならないのに、苦すぎて不味いビール飲みながら「んッおいしっッッ」て自然と周りに合わせて嘘つくようになって、本当に美味しく感じるから、不思議だ。

ビールに慣れる頃にもしかしたら対人関係もいまよりずっと上手になるのかもしれない。アルコールで、ぼやけてて曖昧になるし。でも、苦汁を飲む事には変わり無いんだろうけど~

てか酔ォたw

グレートであるための幾つかの愚かさ

感想 映画

だいぶ前に葬った記事を再掲。

 

物凄い今更『グレートギャッツビー(華麗なるギャツビー)』のディカプリオ版をみる機会があって見たんだけどあれはあれで、下品で過剰でとても良かった…

デイジーは文字通り美しいおバカさんだったしギャツビーはディカプリオだと育ちの悪いイタリアの小僧という感じで、ロバートレッドフォードの時とかなり真逆だけど上品さ全部抜いて当時あったであろうジャズの新鮮さとかにも重きが置かれててわたし的にはすごく好きだった~でもロバートレッドフォードかっこいいから初期のが好きかもと思いつつどっちもブルーレイとDVDそれぞれ買ってしまった…


『グレートギャッツビー』は過去は取り返しがつかないし、華やかさと儚さが描かれててとても好きな作品なのでオススメです。デイジーは前へ前へ、過去に押し戻されることなく無情で我が儘で、一時の快楽を現実逃避として認識していて、この点、非常に女の子として正しいあり方で生きてると思います。一方でギャツビーは過去をやり直そうとして、デイジーとの関係を現実逃避ではなく現実にしようと必死になります。
村上春樹の『ノルウェイの森』も同じようなテーマで書かれていて、読み比べるといろいろと発見があったり楽しい。


大学生もいよいよ終わりに近づいて、最近は色んな人と疎遠になってしまったので、ようやくフィッツジェラルドの言葉の重みを実感してきました。おしまい。

皺と溝

精神病院に入院してたときに、お父さんに「あの病院きついから出たい」って相談したら「君は異常じゃないよ」って言ってくれたことをわたしは信じている。

けど、いつもわたしはお父さんの顔をまともに見れてなくて、最近、久々にちゃんと見たら昔よりずっと老けて年を取ってることに気づいて、シワの数を数えようとしてやめた。

波の音がしたから海を見ることにした。海はとてもきれいだった。嘘。鉛のような灰色の艶が蠢いているだけだった。

風がやたら強くて髪の毛がボサボサになるのが怖いから、わたしは下を向いて髪形が崩れないように必死になっていた。

「あんまり良い景色とは言えないねぇ」

「でも一応海じゃないの」

「こんなもの海じゃないよ」

「でかい水溜まりだ」

「そうだから見なくて良い」


お父さんは目もやらないですたすたと歩いていく。幾つものむなしい景色が役目を果たさずに沈黙していた。
然り、そのような関係であった。

チーズトーストを食べるレポ

ごはん 感想

ブログなのに行動について全く書かれてないことにハッとし、よくわからない衝動に駆られて、ブログっぽい日々のまとめを書いてみることにしたり。行動のなかでも、食べるの好きなんで、一方的に紹介してみます。偏食なのに食事好きっていうのもなんか変なんですけど……。

 
あのですね、わたしは、チーズトーストがとても好きなのですが、これ、実は中村明日美子さんの漫画で『チーズトースト奇譚』だったかな、違ったらごめんなさいね。
とりあえず、そんなタイトルの、チーズトーストにまつわる明日美子さんのグルメエピソードが描かれてる2pほどの漫画がありまして、本編よりぶっちゃけこっちのが好きだったりするんですが、ハハ……
はじめてこれを読んだ中学生くらいのときに、チーズトースト絶対食べなきゃ!と思いたって、即、行動。今もチーズトーストが好きなんです。
 
しかし、チーズトーストがメニューにある喫茶店なん、てちょっと一人で入るには勇気が必要でして、なけなしの小遣い握ってソワソワしながら向かったのですが、やはりそういった昔ながらの喫茶店にいる人たちは年配の方だったり、服装がきちんとしてる人が多い印象を受けました……。でもたまにはこういうお店にいったりして、緊張したりするのも大事なのかもなあ
 
長くなってしまいましたが、以下、最近食べたチーズトースト情報です。
 
 
f:id:yun_sakura:20160509172252j:image
パンが割りと薄めだったけど、きちんと焼かれていて、チーズも濃くて美味しかったです。他のお店のチーズトーストはパンが分厚くてお腹がすぐにいっぱいになってしまうのですが、これくらいが、小腹が空いたときにちょうど良いサイズなのかも。

f:id:yun_sakura:20160509173801j:image
こちらはちょっと辛いタイプの、ごはん系のチーズトーストでした。パンも分厚かったし、お腹いっぱいになる。
蜂蜜をかけられるので甘くもなり、調節が可能です。
しかしカロリーが相当不安になる組み合わせ……

f:id:yun_sakura:20160509174019j:image
ぶあつーい、参照。
 

f:id:yun_sakura:20160509174124j:image
こちらも、ごはん系のチーズトースト。チーズよりベーコンのが重かったです。甘さはなく、辛いです。

f:id:yun_sakura:20160509174415j:image
はい。カットされたフランスパンの上にチーズがのってるタイプのチーズトーストです。チーズトーストがたくさんあり、複数形になります。ものすごいお腹一杯になったんですけどこれもしかしてシェアするのが正しかった気がしてきました。

f:id:yun_sakura:20160509174713j:image
なんとサラダとお茶までついて、完全に、まあランチの時間は過ぎちゃったけどごはんたべて無くて、でもこんな時間からがっつり食べるのもあれだしなぁ~しかしお腹は一杯にしたいなぁ~という人向けのチーズトーストでございます。パンもしっかり、分厚いですね。

f:id:yun_sakura:20160509175042j:image
はい、今度はわたくしの一番のおすすめの、ハニーゴルゴンゾーラトーストですね。何回も足を運んでしまっているほどに虜です。
教えてくれた友達に感謝。チーズがとろとろで伸びる、伸びる。チーズが甘いタイプで、蜂蜜も加わりさらに甘い!!!美味!!!!
 
f:id:yun_sakura:20160509175259j:image
またまたごはん系。
ちゃんと4等分に切れていて、スマートに食べられます。新聞読みながら、片手で食べてるお客さんもいました。

f:id:yun_sakura:20160509175628j:image
見てください、この、チーズの大きさ~!
切っても切っても、ひとつが大きくて、かなりお腹一杯になります。チーズの味がかなり濃かった覚えがあります。
たぶん、マヨネーズが入っていると思うのですが、苦手な方は注意してください~(マヨネーズ苦手マン)
 
食レポ書くと、語彙のなさが顕著に現れるな……。たぶんわたしも、通と言えるほど味にこだわりきれてないんだと思います。
 
チーズトーストはお店によって全然味が違うので、(なんてこといったらほとんどの料理がお店によって味が違うんですけど、言わせてください)焼き加減、パンの分厚さ、チーズの濃さ、甘さ、辛さ、色々あります。
とくに料理が苦手な人!!とにかく食べまくって、自分の食の好み、こだわりを発見すると、バランスが見えてくると思います。これは美味しい料理を作れるきっかけにもなると思うのでお勧めです。
私の場合はチーズトーストでしたが、食べることも自分のこだわりを発見できる機会になることもあるので、ぜひ自分好みのチーズトーストを探してみてください~。
 
おわり!!!!!!!!
 


ポチ

小説

ある日、男の子が家に帰ると、自分の部屋から犬の鳴き声がする事に気が付きました。部屋のドアを開けると、小さな犬が元気そうにワンワンと吠えて、男の子に近寄ってきました。

「お母さん、この犬は?」と、男の子がお母さんに尋ねると、お母さんは「犬よ」と答えました。

「ふうん、つまりペット?この間本で読んだんだ、この流れだと、犬はペット!良く付けられる名前はポチだからポチにしよう!」

「ポチ、ね!わかったわ。お母さんも、この子をポチと呼びます。でも、ペットと呼んではいけないわ。コンパニオンアニマルとして扱いなさい」

「うん!よろしくね、ポチ!」

男の子は、手始めにポチの頭を撫でてみました。ポチは自分の名前がポチであることの意味は勿論理解できなかったかもしれませんが、上下関係は理解したようで、尻尾を上下にふりました。

 

それから、男の子はポチとよく一緒に出掛けるようになりました。

 

しかし、散歩中、男の子と同じクラスの女友達が、「こんないいお天気に、犬を連れて、買い物だなんて君は優しいのね」と、男の子の行動を褒めたつもりで話しかけてきました。男の子は「連れて、だなんて!差があるみたいじゃないか、この子と一緒に僕はここに来ているんだ!」と、怒って家に帰ってしまいました。

 

その様子を見て、女の子はひどく不安になりました。なぜかというと、女の子に起きた、つい最近の出来事が原因でした。

女の子は、ポチと同じような犬が車にひかれて死んでしまった現場を偶然見かけて、慌てて血だらけの犬に近づこうとしたら、なぜでしょう、近所に住んでいたおばさんにとめられたのです。おばさんは、「服が汚れちゃうわよ。あとは適当なが掃除するから」とだけ言って、女の子が死体に近づかないように手を握ってくれました。

あの轢かれてしまった犬は、犬と呼ばれ、名前がなく、コンパニオンアニマルになれなかったから、掃除されてしまったのか。女の子は悲しくなりました。もとは同じ犬、同じ形、同じような声をあげるのに、どうしてあの男の子の犬ばかり可愛がられるのでしょう。上の存在が出来るから、下の存在が出来てしまうのは、まるで社会。上なんて、無ければいいのに。下があれば生きていけるのに。と、地面をじっと見つめながら、考え込んでしまいました。

 

しかし、次の日に男の子が公園で泣いているのを見かけました。

「どうしたの?」

「ポチが死んじゃった。友達だったのに。ポチが死んじゃってから、毎日、悲しくて眠れなくなっちゃった。」

「死んじゃうのは悲しいね。掃除した?」

「掃除だなんて、ひどいよ。僕の友達だからきちんと埋葬してあげたよ。お墓だって作ったんだ」

女の子は、男の子の家の庭にある墓に女の子を案内しました。

「たぶん君ならわかると思うわ」

そう言って女の子は、男の子のお母さんに何かを告げました。お母さんは女の子の告げたことに、頷くと、ニッコリとほほ笑みました。

 

後日、お母さんは新しい犬を連れてきて、ポチと名付けて、男の子と一緒に寝かせました。

新しいポチは、死んでしまったポチのようにフワフワと、柔らかい毛並みを持ていました。ポチが男の子の涙をぺろりとなめとると、男の子は不思議と、悲しくなくなりました。

「そっか、ポチ。今日から君がポチになるのか。僕は所詮、名称であるポチ以外の部分になんて興味がなかったんだ、おやすみなさい。」

 

その晩、やっと男の子はぐっすりと寝ることが出来ました。

手紙にまつわる思い出

わたしは、手紙を書くのがとても好きだ。

手紙はインターネットと違って、枚数がある。そして何より手書きである。(なぜかしらないけど私的に嬉しくなってしまうのは量だったりする。本来は内容でなければならないはずなのにね~)

 

なぜ好きか、手紙に拘るかと言うと、すごく、すごく嫌な思い出があるからだ。

 

わたしが中学の時は、手紙回しというコミュニケーションがけっこう流行った。学校の先生も、手紙回しを発見すると、すぐに生徒をきつく叱った。手紙回しは、文字通り、紙きれにメッセージを書いて、主に授業中に相手に渡す行為を指す。もちろん、授業中なのにどうやって渡すのか、と疑問に思うだろう。どうやって渡すかと言うと、先生が黒板に字を書いている隙を見計らって、送り先の相手の机に投げたり、隣の席の人に「~ちゃんにまわして」とお願いして伝言ゲームの要領で流していくのだ。

 

ある日、わたしは教室の掃除中に、手紙回しで使われたような紙切れを拾った。きちんとした便箋ではなく、ノートの端きれに『Dear○○From○○○』と書かれて、ふたつ折りにされていたので、授業中に渡すのに失敗したのだろうと思った。字は、わたしがよく悩み事を相談していた友達のものだったので、その子に直接渡して、もどしておこうとした。だけど、よく見ると、送り先の相手が、クラスで一番と言っていいほどの中の悪い友達あてだった。

冷や汗が止まらなくなった。あの、一番苦手な子にうまい具合に距離を取って、関わらないようにしてきたのに。関わらないように、機嫌を取って、友達に、わたしの何がいけないのか聞いていたのに。あの子は苦手だから、関わりたくないし、あの子に嫌われたくない、と話してしまっていた。怖い。これは、まずい。

口頭で相談として、話したことが、すべて伝えられていたのだ。

学校は小さな社会だ、そしてリーダーにより政治が行われる空間で、ハブられたら終わる。人権が無くなる。先生は見てみぬふりをして、リーダーがいい子だと勘違いしている。なのに、平気でそういうやつらが推薦を取っていくのが、常であった。

おそるおそる、二つ折りにされた手紙を開く前に、光にかざした。『死ね』や『ウザい』と書かれていた。あ、これは誰かの悪口が書かれていると一瞬でわかる仕様だった。深呼吸してから、手紙を開く。そこに書かれていた悪口は、覚悟していた通り、わたしへの誹謗中傷だった。

『(わたし)ちゃんってマジでウザいよな、死ねって思う』

三行くらいにわたしへの印象が凝縮されていた。

わたしは、友達だと思っていた、その他人に手紙を開いた状態で渡した。その子は、かなり戸惑った様子で、「あっ、これは、ごめん」とだけ言って、そそくさと去っていった。

ああ、こんなことなら相談なんて最初からしなければよかったのだ。と、心から思った。何も話さず、無反応にしていればよかったものを。もしかしたら、相談さえ悪口に値し、わたしは罰されたのかもしれないと、頭を抱えた。

わたしは恐怖を必死に抑えながら、何も知らないふりをし続けた。少しだけ察していたのか、先生は、様子のおかしくなったわたしを見て、面談の時に調子を訪ねてきた。だけどその時には、すっかりわたしは何も話したくなくなっていたので、一貫して「えーっなんにもないですよ~!」とニコニコとするようにしていた。

こうして、無反応をつき通していたら、今度は授業中に消しカスを投げつけられるようになった。

 

それでも何とかやり切って、年が明けたころに、他人になった子から年賀状が来た。

裏表しかないのに、謝罪文のようなものが10行ほど書かれていた。とりあえず何度か読み返して、恨んではいけないし、許さなければならないのだ、と心の中で何度も唱えた。でも、どうしても、今でも忘れられなくて、許せないでいる。そして今でも夢や、頭に映像が流れてくる。

高3あがり、その子はもちろん、推薦を取っていた。あの子はきっと10行以上の文章を、なんだかよくわからないけれど、とてもうまく書いたのだと思った。