感想

すみっこぐらしの映画が辛かった(ネタバレ)

巷で話題のやつを見た。 もともとすみっこぐらしが好きだったこともあり、映画化したのは嬉しい。公開二日くらいでTwitterで評判になり始め、期待を胸に本日観賞した。 可愛らしい子供たちと、黒っぽい大人が並んで観賞する絵面である。大きなお友達(男性)…

クリスチャン・ボルタンスキー – Lifetime展のメモと感想

お天気が悪くて気圧も低くて、陰鬱な気分のままボルタンスキー展に足を運んだ。ボルタンスキー展も陰鬱な薄暗い気分をそのまま再現したような空間だった。 入口を通ると、映像が流れている。映像は、仮面を被った表情のない男が、チロチロと舌先で人形の女の…

『いつかのメモラージョ』感想

プレイ時間:2時間~3時間くらい 百合度:★★★★★ おすすめ:★★★☆☆ ルカ可愛すぎる:★★★★★ ざっくり感想 ※あまりネタバレにならない程度に書きます。 まず特典。予約して買ったので成瀬ちさとさんの色紙+カナーコのストラップがついていました……!とっても可…

11月~12月上旬に見て・読んで良かったものまとめ

・ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション エヴァ前にとんでもない爆弾がやってきた……。旧劇のラストのような構図でエンディングを迎えるのがまたグッとくるものがある。エウレカはシンジ君がシンジ君をやめる話だと思ってます。 ・ウィズダ…

ズビャギンツェフの『ラブレス』映画感想メモ

2本ほど映画を見た(劇場でみたもののみカウント。なんとなく、マイルールです)。ズビャギンツェフの新作、『ラブレス』と『スリービルボード』。 どちらも重く、傑作だった。ズビャギンツェフの方は、最近監督作品をようやく見終えたところなので、ちょう…

1年の終わりに、マリアのレシピを

先日、邪宗門に足を運びました。 「ゆんさんって森茉莉が好きそうだね」 と言われたのはいつだったっけか。 いつ、どこで、誰に言われたのか思い出せないが、初めて森茉莉を人からすすめられたとき、私は国語の授業を思い出し、あっ、あの人か、と腑に落ちた…

ノクターナルアニマルズ 感想

ちょっと前に観てメモするのを忘れていたので思ったことをいくつか、あげてみます。 待ちに待ったトムフォード監督の新作ということで楽しみにしていました。 というのも、 私は彼の『シングルマン』という映画の大ファンだったからです。 この作品で、彼は…

文フリに行けず、ノロウイルスに罹患した話

文学フリマお疲れ様でした。 当日来てくださったであろう方々、お礼申し上げると共にお詫び申し上げます。 すみませんでした!!!!!!!!!! 私は当日ノロウイルスに罹患し、お休みさせていただいた次第です。 前日は労働をしていたのですが、この時か…

『ダンケルク』感想メモ

あ~すっかり忘れてたのですが、ノーランの新作の『ダンケルク』を観に行きましたので、ざっくり感想とメモを。 本でも映画でも見終わったらすぐ忘れちゃうんですよね、特に映画は本に付箋を貼るようにお気に入りのシーンを覚えておくことができないので、尚…

クラゲに誘われて

先日、久々に水族館に行った。水槽にいる生き物は人間じゃないから、すごく心が穏やかになった。 水族館は、照明も穏やかだし、何よりも、生き物に表情は無いから不安になるポイントがそれらの生き物とコミュニケーションを取れないくらいしかない。あとは基…

大学生活を通して生活が向いてないと気付いた

大学生活が終わるので、大学生活を振り返るメモを残しておきたいので、ちょっとだけ振り返りの記録を取ります。以下の文章は自身の経験に基づいた、たいへん、個人的な意見なので参考にしないように。 まず、大学に入ってよかったか、という疑問について。 …

『溺れるナイフ』感想

『溺れるナイフ』は、いろんな人に、原作の漫画をおされたのに未だに読めてなくて、それが悔しくて今回は映画公開してすぐにみようと思ってました。 レビューを事前に検索すると、10代の恋愛らしさ、との感想があったけど正にそれで、物凄いスピードと勢いが…

『怒り』感想

脚本について、テーマがはっきりと見えてこなかったので、あんまりうまくまとめられているとは正直思えなかった。 綾野剛は心臓の病気で体が弱いのに男とセックスを死ぬ前までし続けるし、心臓が弱いのに大丈夫なのかよ……となってしまう。そして最後に公園で…

『君の名は。』感想

ちょっと時間がたってしまったけど、メモ程度の感想を残しておきます。 わたしが観賞したことのある新海誠作品は、『ほしのこえ』、『秒速5センチメートル』、『言の葉の庭』のみで正直そんなに詳しくないです……。『星を追うこども』は挿入歌かテーマソング…

『シン・ゴジラ』感想

ごちゃごちゃした会議や決まりに則って許可を得て、作戦を立てて、ゴジラの動きを止めようと奮闘するが、ゴジラは人間たちのめんどくさいやり取りを無視して全てを破壊していく。それでも抗おうとあれやこれやと策を練るが……というあらすじ。一応、ゴジラが…

映画『箪笥』を思い出した

人が一生かかって背負っていくべき、目を向けていくべき苦痛を、さらりと描写した映画が好きなので、久々に『箪笥』をみたいと思った。 『箪笥』は韓国の古典である『薔花紅連伝』をもとに作られた作品らしい……(読んだことがないので映画がどれくらい原作に…

『帰ってきたヒトラー』感想

映画の感想書くの久しぶりすぎて、というのも自分の無知が赤裸々に綴られているような気がして不安になってしまい、書くのをやめてしまっていたのですが、半身浴ナウで暇なので書いてみました。自分がのぼせない程度の分量なので、片手間に読めると思います…

グレートであるための幾つかの愚かさ

だいぶ前に葬った記事を再掲。 物凄い今更『グレートギャッツビー(華麗なるギャツビー)』のディカプリオ版をみる機会があって見たんだけどあれはあれで、下品で過剰でとても良かった… デイジーは文字通り美しいおバカさんだったしギャツビーはディカプリオ…

チーズトーストを食べるレポ

ブログなのに行動について全く書かれてないことにハッとし、よくわからない衝動に駆られて、ブログっぽい日々のまとめを書いてみることにしたり。行動のなかでも、食べるの好きなんで、一方的に紹介してみます。偏食なのに食事好きっていうのもなんか変なん…

『キャロル』を見たよ

映画の『キャロル』という作品を見て昔のことを思い出してしまった。わたしも初恋(初めて付き合った人)の相手が女だったから、自分がレズなのかと悩んだりしたが何だかんだ男と付き合ったりしたのでバイなんだと思う。そもそも性差という概念がよくわかっ…

『マッドマックス 怒りのデスロード』感想

いつもは、映画館で映画を見たらとりあえず感想とかをさらっと述べておくようにする癖を付けていたんだけど、『マッドマックス 怒りのデスロード』さんはちょっと書きづらい内容だったので、そのまま放置してたら一週間以上過ぎてたようだ。マッドマックスを…

追憶と、踊りながら 感想

めちゃくちゃ退屈な映画だった、何が退屈かというと、全く展開しないからだ。ベンゾジアゼピン切れの状態で、見るべきではなかったのだ。本も映画も演劇も、のめり込めれば問題ない、あとは集中して話を受け入れていけばいい。だが、この作品の構成上、それ…

アメリカンスナイパー 感想

アメリカンスナイパー見てきました。 感想は、バランスが悪い、の一言に尽きる。 でも、面白くなかったか?と問われれば簡単に頷けるわけでもなく、だからといって否定できるわけでもなく。心理描写に力を入れようとしてる映画なのでゴア表現はそこまできつ…

劇場版PSYCHO-PASS 感想

劇場版PSYCHO-PASS見てきました、結論から言うと、そこそこでした。 映画として脚本はテンポはそこそこよかったし、一期の1話とか2話のノリで話が進んだので飲み込みやすさもあったけど、『PSYCHO-PASS』の、タイトルである必要があったのか、が問題だった…

楽園追放 感想

楽園追放見てきました。 結論からいうと、残念。 設定を活かせてない。 考えていること自体はすごく面白いのに、尺が圧倒的に足りていない。ストーリー自体、4分の3が前半で最後に展開する、お約束の法則だったけど、尺が足りないにも程がある。 面白くな…

天才スピヴェット 感想

一度編集した内容が消えて完全に萎えているので、手抜きで感想書きます。ムカつくぞはてなブログアプリ。イライラさせられて完全に書く気失せているけど書く。アメリで非常に有名なジュネの新作を観てきましたが、期待しない方が良かったかもしれません。 ま…

ニンフォマニアックVOL2 感想

もう見てから何日もたってしまっていたので、だいぶ記憶があいまいですが、面白かったです。どこかのレビューでラストシーンまでが前戯と書かれていたそうですが、そんな気がしなくもありません。 さて、VOL1では、負傷して路上で倒れていたところ、牧師の…

ニンフォマニアック 感想

VOLUME1だけ見てきました。 テーマはタイトルの通り、セックスです。 しかし、まあ、なんでしょう、ほぼ二時間セックスシーンを見せられながら、ヒロインが愛に対して疑問を持っているという会話をされ続けると、セックスがなんのためにあるのかわからなくな…

サッドティー 感想

根本宗子さん目当てで、下高井戸のそこそこ広いシアターで見てきたサッドティーであったが、内容は少し広げすぎたんじゃないかな、と感じた。テーマは、好きについて、恋愛についてとありふれた物であったが、情動的ではない。誰一人度なったり騒いだり事件…

吠えても届かない 感想

渋谷のアップリンクで『吠えても届かない』見てきましたので感想です。 主人公は愛人の子という境遇で、母親の愛をよく知らないで育ってきた。(実際に監督さんにこの事について伺ったら、お母様の実話だとか)けれど、父親が押し付けてきた高級マンションの…