冷静と失禁のあいだ

死ぬまで踊り続けるマグロさんの話

Twitter放棄

 最近、といっても昨日あたりからTwitterというツールを放棄した。

 

 理由は数えきれないほどあるが超要約するとムカつく奴にムカつくことをされたからである。恐らく本人は大変無自覚であろう。しかしムカつくことはムカつくのだ。本人がどういうつもりで行った行為かは知ったこっちゃないが腹が立つのだからどうしようもない。

 Twitterを手放すことは別にそうたいしたことではないのだが、言いたいことが言えないという状況に非常にソワソワして落ち着かない気分になる。布団に入って寝ようとしても言いたいことが頭の中でぐるぐると渦を巻いては様々な感情を巻き込みつつ睡眠欲を奪っていく。睡眠欲を奪われた今、何もやる気が起きない今、どうしても文章が書きたくてしょうがなかった。

 わたしは思うのだが、言いたいことを言わないと人は少しずつダメになる。言いたいことを言えなくなり、思ったことを言葉に変換できなくなる。悪循環が始まるのだ。まあそういうわけで、Twitterを失った今、こうして唐突にブログを作成したのだ。

 Twitterの発言内容は基本的に誰かに対してのサテイァ。基本的にどうでもいいタイムラインなんぞには眼をやらない。要は自分の愚痴を吐く場所がツイッターくらいしかなかったからである。Twitterは私にとってタン壺のような存在で、なくてはならないのだ。無いと困るのだ。

 いや、文句があるならTwitterなんて卑怯な空中リプで間接的にサテイァするんじゃなくて本人に言えよ!!というあなたの意見、全く百パーセント正解である。では、なぜ私は公の場で、ネットという場所で人様に不快な気持ちをさせてまで自分の言いたいサテイァを言わなければならないのか。

 

 

それは勿論、吾輩がメンヘラだからである。

 

 

 書くのを忘れていたが、私は立派なメンヘラである。特に私はメンヘラの中でも結構めんどくさいメンヘラで自己嫌悪と自己承認欲求の塊でまるで生きている価値がなくて……うわああああああああああry を、繰り返した結果、立派な精神病者へと進化していた。ポケモンなんかより華麗な成長を遂げた。

 

 と、自分のことを考え出すと止まらない、マイナスナルシストなのだ。なので、うっかり自分の発言が公の場であるTwitterでお気に入りなんか登録されちゃったり、友達から、わかるわかる~!とか言われてしまうともう至上の喜びを感じてしまう。この点は我ながら相当気持ち悪い。

 140字で言いたいことをすべて言い切れたらこの世に作家なんてものは必要なくて、言い切れるわけがない。言いきれてはいけない。もどかしい。そして先ほども述べたが私は今現在Twitterから離れてしまったのだ。もどかしい~!この二つの要件を満たす行動はブログ開設という形につながったのだった。

 

 ブログなんていうものは普段書かないので何を書くべきかわからなくて結構困っている。一貫性のない文章構造なので頭の悪さが文章が長くなればなるほど露呈されていく様が恐ろしくてしょうがない。まあまずこの文章読んでいる人がいるのかも危うい。(いないと思うけどネットは公共の場だから自分の欲求は一応満たせている。これにて欲求達成。)

 

 ちなみに、そんなメンヘラなわたしが今使っている白いパソコンは、血まみれだ。この純白パソコンの上でつい最近リストカットをし、今現在血まみれにした鮮度バッチシのキーボードでこのクソくだらない文章を打っている。

 さて、メンヘラだということを明かしたところで今飲んでいるトランキライザーデパスという結構メジャーなトランキライザーだ。あのメンヘラネットアイドル南条あやも結構お気に入りだったそうだ。デパスのおかげかあまりよく頭が働かない。これでも効果は薄れてきたほうなので徐々に不眠に戻ってゆくのだろう。

 

 これで欲求は満たせたので今夜もデパスがくれる夢をみます。それでは明晰夢でお会いしましょう。おやすみなさい。