読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冷静と失禁のあいだ

アンハッピーセットのオマケは幸せな夢を孕むか

春休みはクソ やうやう白くなり行く非リア

ちょっとした用事があって駅まで向かっている最中である。

外はひどく雪が積もっていて歩きにくいといったら。ブーツのつま先あたりが変色していた。雪解け水が歩くたびにみるみるうちに吸い込まれているのがわかり、さらなる不快感を与えてくる。ついでに、柔らかな雪は足元を狂わせる。

普通に歩こうすとれば足を取られてしまうため、わたしは周囲を少し確認してから大股で歩いた。花の女子大生が、蟹股で、しかも大股で歩く。女子大生御用達雑誌が謳う『女子力』とはいったい何だ。犬にでも食わせてしまえ、全部、雪のせいだ。そう自分に言い聞かせて、無様克滑稽な歩き方を見られないように、慎重に道を選んで目的地へ向かっている。お願いだから、お願いなので、誰にも見られたくない見つかりたくない……。

 

先日はバレンタインとかだったそうだが、わたしはこの雪のせいで部屋で読書とエロゲに耽る他なかった。友達が少ないせいもある。いや、これが一番大きな理由だろう。認めたくないが。

非リアも「全部、雪のせいだ」の一言に集約されてしまえよ畜生。

 

 冬は短し恋せよ非リア

 

 

 

疲れて書く気にもなれぬのじゃ。