読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冷静と失禁のあいだ

死ぬまで踊り続けるマグロさんの話

『マッドマックス 怒りのデスロード』感想

いつもは、映画館で映画を見たらとりあえず感想とかをさらっと述べておくようにする癖を付けていたんだけど、『マッドマックス 怒りのデスロード』さんはちょっと書きづらい内容だったので、そのまま放置してたら一週間以上過ぎてたようだ。
マッドマックスを見て思ったことは、大体映画を見ると構成とか演技とか雰囲気とかについて書いたりしてるのに、これと言った感想が思い浮かばなかった。というか、適切な言葉が出てこない。そもそも、構成とかについて考えたりするタイプの映画ではなく、それこそ、考えるな感じろ!と言われているような内容で、文字通り感じさせられた。(エッチに聞こえるけど2時間一方的に殴られ続ける感じのイメージ)
この手のタイプの映画は苦手かもしれない。見方がそもそもわからない。あ〜、なんか変なこといってて、激しいなあ、忙しい画面だ、ずっと殺し合いしてる、なんか良くわかんないけど……終始テンションがついていけず、ふっと現れた疑問点もガンガン無視され映画は進行するので、わたしはマッドマックスからのDVを受け入れエンディングクレジットまでの2時間ボコボコにされ、しまいには何がいいとか悪いとかが全くわからない感覚に陥っていた。
この日の翌日に『劇場版ラブライブ!』を見たり田村ゆかりのライブに行ったりと濃い一週間を過ごした訳なのだが相当につかれて何もやる気が出ない、とりあえず、久しぶりに出来事についてメモをした。
ラブライブについてのメモに続く