冷静と失禁のあいだ

死ぬまで踊り続けるマグロさんの話

ママへ

ママーわたしはママが欲しいよ、母親って人間が欲しいよ、わたしにはママがいるけどママが母親だって思えないんだ、ママが私を生んだことは理解できるんだけどママのことを親だって認めたくないんだ、社会的にはママは立派だと思うよ、頭もいいし教養もあるし、なんでもできるし、てかできないこと知らないし、教えてもらってないだけかも知んないけど、わたしにとっては自慢のママだよ。でも母親だって認めたくない、ママが母親として機能してるとはあんま思えないんだよね、てかはっきりいうとママのことが生理的に無理なんだよね、私にちょっと似てて甘えん坊なところとか、見ると本当に近い存在なんだなって萎えちゃってママのことがどんどんきらいになって憎くなってくんだ、ママには絶対的なくらい強くて弱みの無い人間であって欲しい、人間なら弱みはあるかもしれないけど、ママにはそれを許したいとは何故か思えない、ごめんね。ママに一度フォークを向けたことがあったけど、私はママが傷付くところが死ぬほど見たいって感じる瞬間があって、我慢できない時がある、もうそういうことしてない、ってか一度っきりだけど、そういうことしたくないからママのこと突き放して距離置いて近付こうとしないんだけど、ママのこと本当は生理的に苦手だし好きじゃないしむしろ嫌い。でも社会的には、親のことを好きじゃないとか許されないと思うし、私も良くないと思ってるから絶対に言わないでおくけど(イライラするからこうしてメモにして残しちゃったけどまあどうせ見ないだろうし)ママは超尊敬できる能力はあるけど全然好きになれません、だから人の前でママについて話すのがめちゃくちゃ苦手で、毎回良さ気な嘘をついちゃう、多分ママはこの文章を一生見ないと思うから好き放題言ってしまうと色々なことにお金をかけてくれたことは感謝してるけど最後まで好きになれなくてごめんなさい、親のこと好きになれない子供って最悪だと思う、残念な子供だとおもう。まあでもこのことも、最後まで知らないと思うからママの前では元気に嘘をつきたいと思います、逆にママのことは嘘をつきたくなるくらい好きなのかも。あ、でも人から悪く思われたくないから自分の方が好きなのかもしれない、どっちか良くわかんないけど結びはママのことが何だんだ好きってことにしておいて!