冷静と失禁のあいだ

死ぬまで踊り続けるマグロさんの話

チャカポコチャカポコ

キチガイ地獄のなかではキチガイが追いかけて、キチガイを恐る人がキチガイから逃げたりしている。
アウトラストをぼーっとみてたら、主人公がキチガイからずっと逃げていた。キチガイは武器を持って主人公を傷つけようとしてくる。主人公はひどく怯える。攻撃されることと傷つけられる事に。そしてそれがいやなので必死に息を切らしながら隠れて、逃げて、走る。
でも、ぶっちゃけどっちのが楽なのだろうと思うとキチガイの方だ。キチガイの方の役目はひたすらに主人公を攻撃して追い回せばいい。追いかけられる方は怖くてしんどい。ずっと逃げなきゃいけない。
だったらあの空間の中ではキチガイをする方がずっと楽で、怖い思いをしなくて済む。
あのキチガイが何を考えているのか知らないけれど。
多分きっと楽だ。
だいたいどの世界でも逃げ回る方が辛く怖くしんどい。攻撃される側は、攻撃しないと逃げなきゃいけないことがちゃんとわかってて攻撃を続ける。自分の番が回ってこないように。自分の番が回ってくるまで、ずっと。
結局はいつか攻撃されるのかもしれない。攻撃して、攻撃されて、逃げて、追って、大体いつの時代もそんなもんだ。