読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冷静と失禁のあいだ

死ぬまで踊り続けるマグロさんの話

『帰ってきたヒトラー』感想


f:id:yun_sakura:20160620003743j:image
映画の感想書くの久しぶりすぎて、というのも自分の無知が赤裸々に綴られているような気がして不安になってしまい、書くのをやめてしまっていたのですが、半身浴ナウで暇なので書いてみました。自分がのぼせない程度の分量なので、片手間に読めると思います。

まず、よい映画です。
ヒトラーがどういうことをしたか、という曖昧な知識があれば楽しめると思います。たぶん、悪いことをしたっていうイメージが強い歴史上の人物、って考えたときにヒトラーがパッと出てくる人は案外多いからたまたまヒトラーがテーマで描かれている気がしなくもなくもない……

それゆえか、風刺している事についてはどの国にも当てはまることなので(ドイツだけに限った話ではないと思うし)おすすめしたい所存。

ザックリあらすじを言うと、なぜか突然現代にワープしたヒトラーが現代のドイツで「ドイツの何が問題か」と実際にインタビューしていったり(このやり取りはどうやら台本なしなのでリアリティがあり面白い、怖い)、注目を集めたりお笑い番組に出て人気を獲得していく…内容です。

テレビ会社(だったかな…)に勤める主人公も、ヒトラーはとりあえず悪い人!とだけのイメージで、本物のヒトラーとは知らずに、タブーを敢えて触れていく面白芸人として売り出していくんですが、この時点でギャグコメディとして描かれていても、かなり恐怖を感じるべきだったのだと終わった時点で気付きました。
面白い、斬新、最初はみんなそう思うのかもしれないけれど、そうやってしてどこかで扇動されているのかもしれない、危機感を持っていくべきなのでは。そう主張しているようにも捉えることが出来ます。特に、インタビューのやり取りがあったのでこの点がとくに面白く感じたのかも。

ヒトラーが残した功績(アウトバーンとか失業者減らした事くらいしか知らないのだが、これがヤバイのだが)や、思想、歴史などの内容を取り扱っているより、選んでしまった国民への風刺がメインだと思います。

オチについては実際に見て、感想を持ってみてください。面白かった、なんて言うのは本来間違ってるのかも知れませんが。主人公はたまたま現代人で、ヒトラーが過去の人物だったからこの話はこうなったわけで、ヒトラーが過去の人物じゃなかったら……?主人公はどういう対応をしたのか、考えてみて下さい。