読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまたま寝た女の子

たまたま寝た女の子にはきっと生活があった。それは一体、どんな生活なのだろう。想像してみようと、ぼくは彼女の茶髪に鼻を近付けた。細い毛先がいたずらにぼくの肌を擽る。ほのかに、ふんわりと、バターの香りがした。彼女の髪を、ほどよく油っぽく、また、しっとりと重く、艶やかに仕上げていることに間違いなかった。きっと幸せな生活があるに違いないと確信して、ぼくは彼女の首筋のあたりで、深く、深く、深呼吸をした。