読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冷静と失禁のあいだ

死ぬまで踊り続けるマグロさんの話

1/14の夢メモ

変な夢を見たせいで具合が悪くてほとんどねれなかった。床に人が寝転がったり、ゴミが平気で落ちている、まともな街灯もなくて暗くて汚い町を徘徊する夢を見た。

ゾンビみたいな人間たちがしつこく後をつけてきて、泣きそうになりながら暗い路地を、私の手を引く人物と逃げ回った。

あちこち逃げ回って、ビルの外側のコンクリートの階段をのぼると、踊り場のようなスペースで男女がまぐわっていた。わたしが男と女を見て、「映画みたいだ」というと、わたしと、わたしの手を引っ張る人物は、そのままビルの階段から飛び降りて、民家の間の道に逃げた。民家のドアの周りには警察官が一人ずつ配置されていて、女がそっとドアから抜け出そうとすると、警察官が押さえこんで「やめろ!」と大声で怒鳴った。ある女は派手な金髪に短いスカートを履いていて、警察官と取っ組み合いを始め、「あなたが止めたら、お金稼げないじゃない。どうして止めるの、わたしはどうやって稼ぐのよ!」と泣き叫んでいた。

その様子を見て、わたしがなんとなく女の職業や生い立ちを察した。そして、どうすることもできないので、どんどん夜道を進んでいった。まっすぐ進むと行き止まりで、オレンジ色のニット帽をかぶった男性がわたしに歩み寄ってきた。いよいよおしまいだ、と思ったとき、わたしは、その男の背後にいた白くてレースをふんだんにつかったロリータを着ている女の子の姿にようやく気が付いた。女の子は金髪で髪の毛は細くてサラサラだったが、目が無かった。あと、お腹に穴が開いていて、ひどく出血していた。明りのない道に、血だまりが出来た。あまりに周囲が暗すぎて、その血は赤というよりほぼ黒に近い色に思えた。だけど、不思議と悪意や殺意を感じなっかった。わたしは何も抵抗せず、女の子にギュッと抱きしめられて目を瞑って目覚めた。