冷静と失禁のあいだ

死ぬまで踊り続けるマグロさんの話

6/18

眠りが浅いので、頭痛外来でもらったテルネリンを毎日飲んでいる。これを飲むと、パソコンで言うところの強制シャットダウンみたいな状態になり、全く動けなくなる。よく眠れるというよりかは、気絶に近い状態になる。風呂に入る前に服用したら危険だ。怖いけれど全く眠れないのでしょうがない。

梅雨に入って日中の眠たさが半端でない。かなり具合が悪い。

古本屋のネット通販にたまたまガロがあったので注文してみた。本当はねこぢる特集(1992年6月号)が欲しかったのだけれど(これを最初に読みたいと思っていた)あんまり見かけないもんだから、とうとう痺れを切らしてねこぢるとは関係ない97年4月号と7月号、98年4月号を購入。情報量の多さというか、ビッシリと埋め尽くされた文字の小ささに驚いたし、面白いと思えるものがあった。

 

全然関係ないんだけど、小学生くらいの時に聞いた音楽があまりに素晴らしいものに感じられ、「これ以上綺麗なフレーズなんてないだろうなあ、この先は絶望的だろうな」と当時ぼやいてたんだけど、そうでもなくて定期的に「これ以上いいものはない!」って思えるものがちゃんと発掘されるなり発表されたりしている。音楽に限った話じゃなく。でも、これはこれで本当に絶望的なことなんだよ。

 バベルの図書館を読む度に感じる絶望感に似ている。

でもきっとまだまだ知らない面白いものも沢山あるし、沢山あるんだろうなってことにワクワクしつつも発見できてない自分のレベルの低さに憂鬱になる。今日も憂鬱になっている。