7/30の夢日記

私は自習室で勉強しているAに話しかけた。自習室と私を隔てる壁はガラス張りで、Aはガラス越しに私を見ると、手のひらをガラスにぴったりと貼り付けて、終末患者のように「私本当は君が好きかもしれない」と言った。私は嬉々として、聞こえないふりをして、「え?」と聞き返す、その瞬間世界の全てが肯定されたので、私はもう一度肯定された心地よさを味わいたいと思って聞き返したのだ。私はこの心地よさを独り占めして、なるべく長続きするように(気持ちが長続きするようにというのは私の貧乏根性みたいで、料理を冷凍する要領でついやってしまう行為だ)AではなくBと一緒に帰ることにした。Bと私は雨の中、渋谷の坂を下っていった。私はBの右隣にいて、Bの腕を抱きしめて歩いていた。親離れできない子供のように。私はBに「好きな人が出来たかもしれない」と報告をすると、Bは「おお」とどうでも良さげに、だけどあなたには最低限の関心がありますよとばかりの声色で答えた。私は「Bは好きな人できた?」と聞くと「ていうか後ろにいるよ」と言って笑った。振り向くと背の高い男性が後ろから歩いてついてきていた。私はふーんこれがBの彼氏で、休みの日はめちゃめちゃラブラブなセックスをしている相手で、それが無かったように一緒にカフェに入ったりする仲の人か、と思いを巡らせて「あー」と言った。渋谷の雨は湿気を孕んでいて、気持ちが悪かった。細かい粒のような雨が耐えず体を冷やすが、地面から湧き上がってくるドブ臭いは一向に流れていくことはなく、ひどい雨の中も宙を漂う様に鼻についた。私は、「3年で何か変わった?」と興味本位で自分が傷つく質問をBにした。私は3年どころか20年以上、自分の自分に対する意識が一切変わっていないから、人の変化にとてつもない羨ましさを乗り越える妬ましさを感じるのだった。私はなぜ、そういうペースで変化することができないのだろうと、ずっと疑問に思い、いつか変化するのだろうと待っていたが、何も変化しなかった。Bは、うーんと唸ってから「自我が変化したかなあ」と言った。それは私が一番今欲しいものだったので、私にはBがもう他人にしか見えなくなっていた。