文フリお疲れ様でした。感想などもろもろ。

f:id:yun_sakura:20181126131001j:plain

こんにちは。昨日、文学フリマ参加してきました。

『祝祭』というテーマをそのままタイトルにしております。
私を含む5人の執筆者がSF、純文学、百合といった様々なジャンルで、それぞれの『祝祭』を描きました。まだ在庫少しありますので、興味がある方はご連絡ください。通販価格は600円+送料となっておりますのでよろしくお願いいたします。高いヨ!という方は、次回イベント時にお求めいただくか、noteに自分の作品は(今回あんまりうまく書けなかったのですが)アップロードしますので、それでもよろしければ是非見ていただきたいです。


怠惰にしてしまった告知ですが、退職+転職+執筆で超バタバタしており、なにも宣伝できませんでした。反省しております。次回からきちんと告知もします。(広報もします)

初参加と記載していますが、以前も執筆してます。
というのも、

omaega-shine.hatenablog.jp

去年の私は寄稿したのにも関わらず、ノロウイルスで死んでいたからです。

ノロウイルス本当に怖いですよ。地獄の苦しみのあとに、現在まで体重が戻ってませんし、なによりも胃腸が以前より弱くなってしまいました。お気を付けください。

手洗い、うがいを徹底して、罹患したら絶対に家から出ないでくださいと言いたいくらいです。キッチンハイターで除菌して、人に迷惑かけないようにしましょう。

さて、初めての文フリに参加した感想です。

とても楽しめました。売るのを。

お買い物をする時間はほとんどなく、ひたすら本を売ってたら一日が終わってしまいました。49冊ほど売れました。沢山の方にお手に取っていただき、たいへん嬉しいです。とてもありがたいです。また、既刊の『リクナビ2084』は、持参した分は完売しました。まだ主催者の家に在庫があるそうなので、次回参加する際に持参します。『祝祭』も余りがあれば、次回参加時に持参すると思います。

今回ですが、私は百合というジャンルで執筆しています。
前回も百合です↓

箱女|はるしお|note


今回はサンテグジュペリの『星の王子さま』をベースに自分の好きな「隔離された学校+世間知らずのお嬢様+百合」という要素を詰め込んだ作品となっております。それがなぜ『祝祭』に繋がるのかはぜひ本文をご覧くださいませ……。

ではでは。

f:id:yun_sakura:20181126131053j:plain