ソフィ・カル《限局性激痛》を見る

原美術館に初めて足を運ぶ。住宅街にヒッソリと存在する美術館で、雰囲気は小規模な金沢の21世紀美術館みたいだ。惜しくも2020年に無くなってしまうそう。とても素敵な建物なので、ぜひ自分の目と足で形を確認して欲しい。

展示は、失恋という『不幸』までのカウントダウンで始まる二部構成だ。


一部は、原美術館の一階に展示されている。

大好きな恋人へのメッセージや写真が主で、やり取りの全てに『あとXX日』という真っ赤な消印のようなスタンプが押されている。カウントダウンによって、不穏な雰囲気を読み取ることができ、『不幸』に近付くにつれて緊張感が増していく。

一部を見たら、館内の階段を登って、二部を見る。


二部のスタートは『不幸』の現場から始まる。
『不幸』はホテルの一室で、なんとこの現場が展示の一部として表現されているのだ。二部はここに始まり、ソフィ・カル自身の『不幸』について刺繍で綴ったものと、他人の『不幸』を綴ったものがずらりと並んでいる。要は自分の辛さと他人の辛さを比較しているのだ。並べられた他人の不幸のエピソードは、どれも痛ましいものばかりなので、ソフィ・カルの『不幸』は段々と""薄れ""ていく。とても不誠実だと誰でも思うはず。

最初の感想は「気持ちが悪い」だった。

まず、周りがこういう感覚で物事を処理していたら、と考えるとぞっとする。というのも、人の体験と自己の体験を比較しないというのが、私の中のルールだったからだ。当たり前だけど比較するときりが無いし、自身が痛みを持った経験だけがその人にとっての本物の痛みという認識でいいと思っていたから。

あとは、もっと個人的な感想として、失恋という体験を『不幸』に括ってしまうのは惜しいなと思ってしまった。あまり、『不幸』を『忘れよう』としたことが無かったので、より理解が出来なかった。

だけど、この『不幸』が失恋じゃなかった場合は、どうだろうか。

ソフィ・カルの場合はたまたま失恋だった。
けど、『不幸』と言えるような出来事で心が痛まないようにするために、他人の経験と比較して「私はまだマシだ、だから大丈夫だ」と思える処理は、無意識にしてしまっているかもしれない。少なくとも、全くしてないとは言えないはずだ。


失恋という、誰でも体験する類の平凡な不幸のチョイス。
これは共感を得やすい切り口で、悪質だなあと思う。


唯一、気に入った記述はヨウジヤマモトの服(たぶん)を着る時のエピソードだ。ちゃんとこれはメモすればよかったなあと反省。次に美術館に行くときはちゃんとメモを持っていくぞ~。

 

ソフィ・カルについて全く知識が無いので、彼女がこの恋愛に激しい情熱を感じていたのかわからない。だってあまりにも、構成には冷静さを感じる。それゆえ、彼女が表面上で激情的であることを愛してるのではないか、と私は錯覚した。

 

それでもいい気分になれる展示ではないし、とても考えさせられるものだとは思えなかった。やっぱり中身は感情なので、失恋後のアクションは占い師に見てもらったりと本当に普遍的だった。そこは安心できるポイントでもあるけれど、感情に面白さを感じるには限界があるなあと。でも構成と切り口、演出は斬新で面白さがある。
あと原美術館はとてもいい場所ということを知った。2階の階段脇にあった展示は特に気に入った。あーこれもちゃんとめもれば良かったんだろうけど、廃墟のようなむき出しの空間にある管から花がひとつ咲いているという空間だった、はず。そこまで近付いて見れなかったが、薄いピンクの花だった。ありきたりかもしれないが美しい構図だった。誤解でも反復したいと思える印象を抱けて幸福だった。