それは百合か?

またメモのような文章になるが、百合とは何かという問題である。

 

私が初めて百合に括られる作品に触れたのは、幼少期、朝の時間に放送されていた『マリみて』であった。当初それを百合だと感じたことは無かったが、のちに様々な百合と呼ばれる作品を鑑賞して私は、あれこそ私の思う百合だったのだ、と確信した。

 

他にも、『セーラームーン』のはるかとみちるなども私の好きな百合だった。あの二人がストーリーの主軸ではないからこそ、意味深なセリフの端々から、親密な関係性があるのだという想像が膨らむ。

 

つまり、私にとって百合の正体とは想像性を発揮できる意味深な関係性であった。

 

百合名作として知られる『少女セクト』も私の大好きな百合作品だ。
作中の人物は、キスもそれ以上のことも平気でしている。
アダルトなシーンがあるからレズでは?と思うかもしれない。

 

それでも、私にとって『少女セクト』は立派な百合である。

 

本作は、あまり連続性のない、1話完結型に近い構成だ。また、1話につき毎回必ずアダルトなシーンが挟まれる。その行為の中で、キャラクターたちは断片的な言葉を交わしていく。

 

例えば、第八話の桃子×隼砥先生の回では、桃子は思信というキャラクターに気持ちが傾いている一方で、学校教師の隼砥先生と関係を持っていることが判明する。二人は当然のように隼砥先生のアパートへと向かい、行為を始める。隼砥先生は最中、自身の恋愛エピソードを話し始める。幼少期から女性に興味があり、近所の女の人と関係を持ったこと、高校時代のエピソード、風俗嬢の女の子と関係を持ったこと、などについてだ。朝チュンしたその後、唐突に隼砥先生の病気が発覚し、隼砥先生はあっけなく学校からフェードアウトしてしまうところで終わる。


エピソードの終わりにはキャラクターの設定が書いてあり、桃子の場合、強烈なコロンを愛用していること、女の子に甘いこと、母子家庭であること、母親の仕事、特技などが細かく記載されている。

一見、女の子たちが性に奔放であるようにも思える少女セクトだが、セリフや設定をじっくりと読んでどういった背景があり、そのキャラクターに惹かれたのかなど想像を膨らませていくことができる点が魅力的だ。

 

だが、最大の魅力は、セックスがゴールになっていないところ、また一人だけと性行為をすること=好き、ではないとして、保守的な価値観を排除している点だ。

 

性表現をしつつ、関係性の背景をチラ見せしていく描写は、まさにエロ漫画でしか出来ない『百合』を開拓した、エロ漫画界の百合パイオニアなのではないだろうか。

 

といった感じに、私は自身の百合好きを振り返って、たまに整理している。
他にも「これは最高の百合だ!」と言える作品はいくつかあるが、長くなってしまうので今回は省略。ちなみに秋山はるさんの『オクターヴ』が大好きです。(いつか語ります)

 

なんで今その話をするのかというと、近年、百合の形をした(ビジュアル的な意味を含め)百合っぽい作品があまりにも多いのだ。想像する余地を与えてくれる百合に久しく出会っていない……気がする。(もしあったら、教えてください)

 

上記のような『好き』を踏まえつつ、近年の百合っぽさの流れとは違った作品を書けたらな~と『文学フリマ』とかイベントに向けて頑張っているよ!っていう話でした。おわります。