冷静と失禁のあいだ

夢日記と映画や本、美術展、エロゲの感想など。

感想

サッドティー 感想

根本宗子さん目当てで、下高井戸のそこそこ広いシアターで見てきたサッドティーであったが、内容は少し広げすぎたんじゃないかな、と感じた。テーマは、好きについて、恋愛についてとありふれた物であったが、情動的ではない。誰一人度なったり騒いだり事件…

吠えても届かない 感想

渋谷のアップリンクで『吠えても届かない』見てきましたので感想です。 主人公は愛人の子という境遇で、母親の愛をよく知らないで育ってきた。(実際に監督さんにこの事について伺ったら、お母様の実話だとか)けれど、父親が押し付けてきた高級マンションの…

ある優しき殺人者の記録 感想

本編のほとんどをひとつの部屋で撮影した、と宣伝文句にあるように、低予算で作られたことがあからさまにわかる本作品。今月見た、ホドロフスキーの『リアリティのダンス』の次に面白かった。 何が面白いかったというと、演出面である。POV法で撮られている…

君と彼女と彼女の恋。 完全にネタバレ感想・解釈

『君と彼女と彼女の恋。』 よくもまあ、こんな残酷なタイトルを付けられるなあと思う。 ニトロプラスのPCゲーム作品である『君と彼女と彼女の恋。』をプレイしたので、感想書きたいと思います。ネタバレ全開の感想なのでこれからプレイする予定のある方はブ…

フラテルニテ体験版感想

『必ず君を、救ってみせる』 『euphoria』が優秀作品だったので、フラテルニテもその流れで気になって最近体験版が出たご様子なので昨晩プレイしてみました。ボイス無しです。また延期するニオイしかしません。 以下、画像ナシでネタバレしていきます。 起動…

天使なんか、いない12月の話。

エロゲー、という単語を聞くと、だいたいの人が巨乳で目がやたらとデカく、画面の前のユーザーもとい『お兄ちゃん』に向かって媚びた声と嬌声を漏らすピンクや青などといった奇抜な髪色をして年相応とは思えない髪型をした美少女を想像するのだと思う。まあ…