冷静と失禁のあいだ

夢日記と映画や本、美術展、エロゲの感想など。

個人的に気になっているエロゲをエロゲ買えなかった頃の思い出と共に紹介する

やろうやろう思ってやってなかったエロゲをちまちままとめてみたり。

オススメとか割と聞かれるのと、エロゲ文化が死につつあるので、知っている知識をとにかく自分メモ用にもまとめていけたらなあと。

 

ふぃぎゅ@メイト

ふぃぎゅ@メイト【美少女ゲームアワード2007 主題歌賞】ふぃぎゅ@メイト【美少女ゲームアワード2007 主題歌賞】

ふぃぎゅあっとふぃぎゅあっとふぃぎゅあっとあっとめいと~♪

という電波ソングで有名になった作品。2006年くらいのニコニコ動画でしょっちゅう耳にしていた。2006年、エロゲを堂々とプレイできなかったお年頃、片っ端からエロゲの体験版を落としてはプレイして……また落としてはプレイして……を繰り返していた学生時代。ネカマをしていた頃のゲーム好きの友人に「最近面白いゲームある?」と聞いて教えてもらった事が昨日のことのようで涙が出るね。

ふぃぎゅ@メイトは体験版を一通り終えたあとも何度もプレイした記憶がある。

ザ・エロ!!だけじゃなくてシステムやゲーム性が画期的で、ガチャガチャ要素があったりして当時凄く新鮮だった。そのちょっと後くらいに出た『むすめーかー』も画期的だった。

 

The BLUE 極

The BLUE 極The BLUE 極

個人的に気になっていた、『とらいあんぐるBLUE』と『DARK BLUE』が収録されているパック作品。

『DARK BLUE』は2、3年前にメガストアの付録で付いていた。あれだね、双子?の女の子を真っ二つに人間割ったのをくっつけたCGで有名になったグロ作品です……。

f:id:yun_sakura:20191019001551j:plain

『とらいあんぐるBLUE』はNTR系作品。この時の綾瀬はづきのイラストが超かわいい。当時エロゲを堂々とプレイできなかった頃の私は、ハーヴェストノベルズを、アニメイトでこそこそと買っては、エロゲのストーリーの雰囲気を味わっていた。巻末の広告欄でこの作品をみて、可愛い絵!と反応していた。当時はNTRなんて理解できなかったのでエロ目的作品だと思い避けていたが、大人になったので楽しめるだろう……。大人になるって汚れることなんだね……。*1

ちなみに話変わって、ハーヴェストノベルズで「すごい!」と思ったのは『School Days』の言葉編と世界編。『「世界」が敵でも、構わない』、『「言葉」なんていらない……』という帯のキャッチが書かれた帯はお見事!でした。

魔王と踊れ!DL版

魔王と踊れ!DL版魔王と踊れ!DL版

これは話の内容は知らないけど、霜月はるかのアルバムに収録されていたOP曲が好きで、気になった作品。RPGって普段やらないので、進められるか心配だけどいつかやってみたいなと思っていたり……。

www.youtube.com

 

その他もろもろエロゲニュース

なんと『うたわれるもの』シリーズが全作品無料に。

衝撃的。これがコケたら、もう現代人がゼロ年代のエロゲの文章量についていけなくなった決定打になる気がしてちょっと怖い気持ち半分、嬉しい気持ち半分。

スマホでエロゲが遊べる!というアプリが出るニュースも耳にしたけど、スマホでエロゲやる意味って何なんだろうとこの頃思ったり。

駅中にあったアクアプラスの広告が、自虐ネタではと言われてたけど、この企画のための仕込みだったのかな。

 

Rewrite』の英語版が出そう?

エロゲではないけど、keyなので一応。

クラウドファンディングで資金募っている様子。『Rewrite』はEDの『闇の彼方へ』が良かったな。もうほぼ秋終わってるけど、秋の夜にピッタリな曲調で非常にオススメです。

最近文フリで文章書くのに追われているし、スランプなのでエロゲについて喋ると饒舌になれる自分がいて良かった……。文フリ間に合わない気がするし……。

エロゲには感謝しかない……。 

*1:ゆびさきミルクティー10巻の最終話くらいのセリフ