冷静と失禁のあいだ

夢日記と映画や本、美術展、エロゲの感想など。

すみっこぐらしの映画が辛かった(ネタバレ)

f:id:yun_sakura:20191116235144j:plain

巷で話題のやつを見た。
もともとすみっこぐらしが好きだったこともあり、映画化したのは嬉しい。公開二日くらいでTwitterで評判になり始め、期待を胸に本日観賞した。
可愛らしい子供たちと、黒っぽい大人が並んで観賞する絵面である。大きなお友達(男性)向け上映、とかやり始めたので配慮は流石だなと思った。
もともとすみっこぐらしが大人が共感できるようなポイントを押さえていることもあり、ストーリーはちょっとだけネガティブな個性が手前に出ている。

個人的に辛かったポイントは、ぺんぎん?のコミュニケーションだ。

ぺんぎん?は自分探しをしている設定である。彼?は集団で過ごしているときに、自分だけ本を読み始めるなど社会性のない振る舞いをしてぶっきらぼうだが、ひよこに出会うと態度が一変する。
ひよこが自分のアイデンティティーや仲間を見失っている存在だとわかったからだ。
彼?は、自分と同じ境遇であるとわかった途端、やたらひよこに世話を焼き、ひよこに優しくするようになったのだ。

私はこのシーンを見て非常に辛くなった。
ぺんぎん?のそっけない側面とのギャップを描くために、実は優しい一面があると伝えたかったのだろうが、このコミュニケーション、身に覚えがありすぎて辛くなった。メサコン的な振る舞いである。
思わず、ギャーッと叫びたくなってしまった。

もう一つ辛くなったのが、狼のとんかつに対する態度だ。とんかつは高カロリーゆえに誰からも食べてもらえないという悩みがある。そんな彼?は赤ずきんの物語の世界で、狼に喜んで食べられようとする。(ここはキャラクターの設定と物語の流れが合っていてとてもよかった)しかし狼は優しさゆえに、直接的に「油の固まりは食べられない」と言わず、曖昧な態度でとんかつに接し、とんかつから逃げる。その後も言葉を濁してとんかつとコミュニケーションをするのだ。なんて残酷な優しさだろう。
こういうの、どこかでやった気がするぞ。そうだ、社会だ。

このように、グサッと来るような思い当たる節が散りばめられている。みたいなことを考えていると、可愛いビジュアルが頭に入ってこない。ビジュアルなのに。私は一体、何を見ているのだろう。

物語の突っ込みはこの程度にして、やっぱりキャラクターは非常にかわいかった。フワッと感があるひよこに、もちっとほどよい重量感があるすみっこ達。ぬいぐるみやキャラクター好きのわたしにとって、たまらないです。

この映画、一言で表すと……

「あなたの周りの世界は…あなたが思うより、ちょっとだけ、優しいよ」

*1


あれ?これエロゲじゃね……?

*1:フォセット-Cafe au Le Ciel Bleu-収録「里伽子抄」より