冷静と失禁のあいだ

夢日記と映画や本、美術展、エロゲの感想など。

人間パン 10/8の夢日記

雪の日。私が面接と国語の入試を終えると、せっかくこんな街まで来たのだから何か食べて帰ろう、という気になった。入試会場になったカフェの外には友人がいたが、帰りに何か食べてこうよ、と誘っても、みんな笑って「今日は帰る」なんて言っていなくなってしまった。私は、一人で何か食べて帰ることにした。
うどん屋、そば屋、などが立ち並ぶ狭い道を彷徨い歩いていると、ふいに背後からバイクが現れ、うねりながら壁に衝突した。最近、交通事故増えたなあ、物騒な世の中になったなとぼんやり思うと、全く同じようなことを考え、口にしている野次が集まってきた。私は野次を避けて交差点に出た。そこでもいくつか事故が起きていた。警察がいた。雪に混じって半透明になった血液が不気味で、手で目を覆いながら道路を歩いた。野次は、きゃーっといいながらもありありと遺体を見ていた。私は気持ちが悪いのでとにかく見たくなかった。野次と警察のいる場所を避けて歩いた。どんなに美しい人でも、人の中身なぞ知りたいわけがない。すると、一人の野次がパンの欠片を取り出し、血の混じった雪と糸のように伸びた臓器を乗せて、サンドウィッチにして食べ始めた。
「こういう時しか食べられないからね、人間パン」
「限定感って大事だよね」と言って、野次たちはすくい取った中身を味見していた。カラスの群れのようだった。きっと、遠くから様子をうかがっている本当のカラスたちも戸惑っただろう。同感だ。遂にここまで来たか、と私も思ったから。

8月にエロゲ関連で気になったこと まとめ

980円のASMR×エロゲが出る

f:id:yun_sakura:20200813215233j:plain

Audiloveシリーズ第一弾は癒し系

FANZAから*1ASMR×美少女ゲームが発売される。

  • すべての作品が980円!
  • 新開発の「エンジン」は、PC、スマートフォンAndroidiOS)に対応しているので、好きな時にすぐにプレイ可能!
  • 毎月1本新作発売予定!

http://www.fanzagames-digination.com/audilove/index.html

 

低価格で毎月新作出るという時点で「マジで?」という感想だが、さらりと記載されている、PCとスマホどちらも対応しているところがすごい。

加えて、テーマも癒しや旅行要素があって、コロナ自粛にぴったりな感じがある。

 

ASMR自体が流行っているので、今後ASMR要素が詰まったエロゲが発売されるかも?

正直ASMRとはコレだ!と思えるものが咀嚼音や耳かきくらいしか思いつかないが、ASMRと相性の良さそうなジャンルは、ホラー・催眠・マゾ向け…とぱっと思いつくだけでも結構ある。私的には、ホラージャンルのエロゲ×ASMRとかやってみたい。

ほぼ『最終痴漢電車』の新作っぽいものが出る

f:id:yun_sakura:20200813225902j:plain


 『極限痴漢特異点』というエロゲが出る。FなGでOなソシャゲが過るけどエロゲだ。

このエロゲブランドは、アトリエかぐやに所属していたクリエイターが作ったブランドなので、実質『最終痴漢電車』シリーズの新作なのでは!?と勝手に思っている。『最終痴漢電車3』の主題歌『操り人形の夜』は抜きゲーなのに無駄にカッコよく、痴漢コマンドを使用して必殺技を決めたりできる謎のアツい抜きゲーだ。『極限痴漢特異点』でも健在。

f:id:yun_sakura:20200813222822p:plain

痴漢~battle~システムはやっぱりある

f:id:yun_sakura:20200813223137p:plain

無駄に意識が高い

このゲームでもう一つ気になるのが、DL販売とは別に『ヒロイン単体販売版』(ダウンロード専売)が発売されるっぽいところ。特定のヒロインだけ攻略したい、より安く遊びたいといった需要はきっとあるはずなので良さそう。ただ、場所移動システムがあり場所移動して痴漢して……を繰り返すので『ヒロイン単体販売版』ではそこがどうなるのか。作業ゲーっぽくなったらしんどそう。

『Christmas Tina ‐泡沫冬景‐』の日本語版が出る

ねこねこソフトが日中合作したギャルゲー作品の日本語版が出る。

ねこねこソフトのHPが一瞬消えたこともあって全然この作品についての情報を得ていないけど評判が良いという噂はふよふよ漂っていたので気になっている。

store.steampowered.com

ねこねこソフトの夏コミ通販で日本語版の販売受付中。

夏コミセット :¥3000(税込)
・クリスマスティナ日本語版
ねこ簡易パッケージ

https://nekoneko-soft.info/webshopinfo/

 

*1:Autonomous Sensory Meridian Responseの略。主に、ゾワッとするような感覚的に気持ちが良くなる音声作品を差す。JC・JK流行語大賞の1位に選ばれている。

エロゲオタクなので、『16bitセンセーション』単行本化がめちゃめちゃ嬉しい。

f:id:yun_sakura:20190718011101j:plain

みつみ先生の同人サークル『CUT A DASH!!』で販売されていた『16bitセンセーション』がKADOKAWAから単行本として発売されるそうです。

 

はっきり言ってめちゃくちゃ嬉しいぞ……

 

<あらすじ>

舞台は1992年。

パソコンショップのバイトをしているメイ子。ひょんなことから、メイ子はショップの2階でひそかに行なわれていたエロゲ製作の手伝いをすることになる。

当時はペンタブといったデバイスがなく、マウスを使い、たった16色でCGを塗るような時代だった……。

 

90年代のエロゲ製作秘話を交えながら、当時人気だった作品についても言及されており、資料としての価値もある本作。エロゲーマーが絶対楽しめる内容なので激推ししています。

今までは同人誌として販売されていたので、コミケやイベントのタイミングで新刊が出ており(多分)、イベントに行って購入したり、委託で販売される度に購入したりしていました。

中々長く続いているシリーズなので、初心者向けに総集編も販売されていますが、お値段は一冊2,200円。私はもちろん「払えます!」と言えますが、正直、エロゲに興味がない人や作家さんに興味がない人にとってハードルがやや高めなお値段だと思います。

今回の単行本化で、色んな層の人たちが手に取って楽しめるのではないでしょうか。

とらのあな限定特典に『テレカ』とあり、ああ~~~昔のエロゲ特典の発想だ……と感心してしまいました。本当に本当にに発売が楽しみです。

※ちなみに、扱っているのはエロゲだけど本作は全年齢です!

夏 祈りのこと

最近、思い出を作ることよりも、思い出している時間の方が多い。

夏になると思い出す、のは、どこまでも続く青い海、海の隙間には、青々青々青青、時々砂浜、ひたすら青。私は、青の合間を縫うようにして砂の上を歩く。

海辺の店のポテトはパサパサ、海のおかげで塩味がした。まずい。ホストファミリーがくれたランチボックスには、パサパサのパンを使ったサンドイッチ、まずいチェダーチーズ、しなったレタスがラップに包んであり、それと林檎がまるごと一つ入っている。私はサンドイッチを一口含むとやはり、まずいと思った。朝食前の祈りの時間が脳裏を過った。神様、神様、神様。あとお母さま、申し訳ない私はこれが食べられません、だからせめてと林檎を齧る。皮ごと、丸ごと心で祈りながら頂く。食後私は町を歩いた。歩いた後は、この時間のママと、元心理学者の警備員のパパと合流し、家に帰った。暗くなる時間、夕飯の時「ねえ、オーシャンはどうだった?」と聞かれ「素晴らしかった」と答えた。満足そうな私を見て、ママはまた祈った。

美少女万華鏡の最終章をプレイしたよ※ネタバレあり

ご無沙汰しております。『MUSICUS!』をクリアして、しばらくエロゲがまともにできない(やりたい作品が無い)状態でした。

『鍵を隠したカゴのトリ』も延期してしまい、特にプレイしたいエロゲが無い中登場したのが『美少女万華鏡 -理と迷宮の少女-』です。

f:id:yun_sakura:20200615223712j:plain

蓮華ちゃんの謎に迫る最終作

 

f:id:yun_sakura:20200615224915p:plain

目に注目

ディスク盤面をよく見てみると、目の箇所だけ盤面にイラストが印刷されてないので光に当てると目がキラキラします。

『美少女万華鏡』シリーズは低価格エロゲでありつつも、パッケージ版にも拘りがあって良いですね。パッケージ内の説明書裏面が表紙ピンナップ仕様になっているなど、ちょっと拘りを感じる所が地味に好きです。低価格エロゲは大体インストールしたら売却しちゃいますが、こういった細かい拘りがあると手元に残したくなる気持ちも湧いてくるような気がします。

f:id:yun_sakura:20200615225710p:plain

起動即シンプルなタイトル画面に。『選択』ってどういう項目なんだと興味本位でクリックしたらシステム画面が表示されました。クリックしないとわからない……。無難に『設定』とかでも良かったんじゃないかと思う……。

f:id:yun_sakura:20200615230542p:plain

初っ端から手厳しいね
 

※以下、物語とHシーンネタバレ注意

続きを読む

リモートワーク、最高の詩。

私は窓を全開にして、風に吹かれて波打つようなカーテンを背中に、仕事をしている。時々強く吹く風は、どこか遠い町の香りを運んで来てくれるような気がして、よっぽど寒くない限りは窓を全開にしている。近所の家からは、風鈴の音が、ちりん、ちりんと鳴り、洗濯物を叩く音。いよいよ夏が来る、と部屋の中で実感している。少し疲れたら、外に出て深呼吸すればいい。そして、風鈴と木の音に、もっと耳を傾ければいい。部屋に戻っても、小さな夏が、私の部屋に訪れているのだから。

つまり何が言いたいかというと、リモートワーク最高である。

4/14

具合が悪い。はっきり言って死にそうになっている。とにかく具合が悪い。一日中何かを恨んでいる。何かよくわからないものが渦巻いている。何かやるせない気持ちを抱えて、遠くからどこにも向けられない憎悪を抱えた人たちを見ている、リモートで同僚の欲を見ている。表面的な漠然とした不安や怒りに疲れ切ってしまった。みんな何を考えているのだろう。2m以内に近寄れないので、彼らの本心を聞き取ることはできない。