冷静と失禁のあいだ

夢日記と映画や本、美術展、エロゲの感想など。

海に連れていかれたぬいぐるみの話

私は物心ついた時からぬいぐるみが大好きだった。旅行に行くたびに、どのぬいぐるみを旅行に連れていくか頭を悩ませたほど、ぬいぐるみと会話し、世話を焼いていた。

ハワイに旅行に行った時のことだ。私は、ホテルの窓から誤ってぬいぐるみを落としてしまって、うっかり風がその子を目の前の海へと運び、波が海へと連れていってしまったことがあった。その子を追いかけるには窓から飛び降りないといけないが、まあ無理なので、窓からその子が波に攫われ、見えなくなるまで静かにずっと見守っていた。完全に海から見えなくなってしまったのを確認すると、とても悲しくて落ち込んだのを今でも覚えている。暫くの間、あまりにも悲しすぎたので、同じような形のぬいぐるみを探し求めて色々な水族館に行った。あの子は、白いイルカのぬいぐるみで、口の中がピンクの布で作られている。目は黒で、と特徴を挙げていくと、その辺の土産屋にいけば見つかりそうだった。思った通り、似たような子は見つかったが、海に行ってしまったその子と同じ位、大事にすることは出来ず、喪失感が紛れることはなかった。

あの子がもしまだ私の傍にいたら、私は変わらずにずっと大事に出来たのだろうか。

いや、ずっと大事に出来る自信は無い。

何十年も傍にいたら、見た目はボロボロになるし、いくら直してもキリがないし、新しい魅力的なぬいぐるみは毎日雑貨屋に並べられているはずだから……というのは、大人になってから気付けたことだ。今では、あの子とどこで出会って、どんな話をして、ハワイの他にどこに旅行をしたか正確に思い出せない。ただ、海に攫われて行ってしまったことだけ覚えている。大事に出来なくなってしまう前に、海に連れていかれた方が良かったのかもしれない。事実、沢山のぬいぐるみたちが埃まみれの押し入れの中で眠っているから。

あの子が海の中で腐っていくところを見なくて良かった、時間の経過と共にボロボロになっていくのを見なくて良かった、大事に出来なくなる私を知らずに済んで良かった、あの子が海に攫われて、良かった。海の中でのことは、もう私には関係のない話だ。無事、竜宮城に辿り着けますように。

演劇調異譚『xxxHOLiC』ホリ譚みた感想

カードキャプターさくら』などで知られるCLAMP大先生作、オカルト・ファンタジー漫画『xxxHOLiC』。男女キャラクター共に、スラッとした手足と長身で描かれた本作が舞台化(いわゆる2.5次元)するとのことで、オンライン観劇をした。

なんといっても本作の特徴は、キャストが全員男性であること。

女性キャラクターが登場しないのか!?と思うかもしれないが、女性キャラクターも男性が演じているのだ。しかも、スタッフには女形指導と所作指導担当がいるとの記載が。ガチじゃん!と期待を胸に、初ステの観劇。ちなみに、オンライン観劇も初だった。

 

まず、役者さんについて。

 

 

太田基裕さん演じる侑子さんの色気が、半端じゃなかった。衣装も複数ありどれも豪華で「侑子さんじゃん!」と納得。視聴前は、TVアニメ版と劇場版で耳にこびりついた大原さやかさんのセクシーボイスイメージとのギャップが気になるかもしれないと思ったが、心配ご無用。杞憂に終わった。

特に印象に残ったのが、阪本奨悟さん演じる四月一日くん。原作やアニメの雰囲気そのままの四月一日が存在していて、『xxxHOLiC』という作品のコメディ部分を彼がほぼ担っていた。あんなに長い台詞を喋り、時にシリアスに、時にコメディ色全開で切り分けて演じるなんて凄い。プロ凄い。端正な顔立ちにも惹かれましたが、演技が素晴らしかったです。他にも、櫻井圭登さん演じる座敷童ちゃんも見ているこっちがドキドキするくらい仕草が可愛く、赤澤遼太郎さん演じるひまわりちゃんもとてもひまわりちゃんでした。眼福です。

そういえば、女性を演じる男性陣が、浴衣を着る際などに手の甲を隠していた。女装でも骨っぽさが出てしまうため、隠されがちなパーツだしもしかして、萌え袖は女形に由来しているのではないかと思ったりもした。

f:id:yun_sakura:20211003124551p:plain

 

ここから少しネタバレを含む感想です

続きを読む

8/24

必要最低限の外出だけした1年が終わりに近付いている。あんなに鬱陶しい暑さもいつの間にか遠のいて、日がほんの少しだけ短くなり、蝉がジジ……ジジ……と苦しそうな断末魔の叫びに震えている。こんなに人と接する時間が少ない1年は初めてで、戸惑っている人も沢山いたけれど、自分でも戸惑うくらいに、とても気が楽だった。会社で嫌味を言われる機会も減ったし、無駄な通勤で体調を崩す時間も減った。空いた時間は健康のために身体を鍛えて、自炊に励む。無駄に背伸びした雑誌の一ページに載っている、複雑で沢山の調味料を使ったご褒美ディナーに恋焦がれなくなり、当たり前にキッチンに居座る調味料や食材だけで構成されたメニューがずっと居心地良くなった。ニュースで流れてくる情報と、私の心の穏やかさはかけ離れていった。そして、小説が読み進められなくなってきた。代わりに、映画だけが残った。再生ボタンを押すだけで勝手に始まり、勝手に終わる。どんな悲劇も喜劇も、ぼーっと見ていれば過ぎ去っていく。今日も私は見ている。

あの丸戸史明 原作『メディアミックスメイデン』を読んだ

丸戸史明原作とのことで、『メディアミックスメイデン』を読んだ。

単行本として発売されるまで存在を知らなかった……。

f:id:yun_sakura:20210613125413p:plain

エンタメ業界で名の知れたプロデューサーの父親を持つ主人公の周りに、バリキャリ曲者女性(性格はねじ曲がってない、その人なりに正しい)がひょんなことから集まって、主人公がみんなの中心となって100億レベルエンタメ企画をなんとか成功させようと奮闘する、という話だ。

先日一巻が発売となったばかりの本作だが、なんかもうそのままアニメ化できそうな構成だった。まず、エンタメ業界の裏側を描いたお仕事コメディという時点でウケそうなネタである。最近アニメをあまり見ていない私が知る限りでも、アニメ業界の裏側を描いた『SHIROBAKO』はヒットしたし、出版社編集部の裏側を描いた『世界一初恋』もヒットしていた。エンタメ業界はこだわりが強い人たちも多いだろうし、その業界のエピソードをかき集めたらネタが尽きないはずだ(と、丸戸史明もあとがきで書いていた)。などといった印象があるので、出版社、アニメーション制作会社、映画会社もろもろエンタメ業界の裏側を描いていく本作も話題になるのではないだろうか。

また、原作の丸戸史明と言えばエロゲー業界では、『パルフェ』、『世界でいちばんNGな恋』、『ホワイトアルバム2』など数々の名作を発表し、ライトノベルでは『冴えない彼女の育て方』もヒットさせている。

といった印象から、『メディアミックスメイデン』で描いているエンタメ業界の裏側×丸戸史明と来たら「うわ〜売れそう」と思うのではなかろうか。

一巻では、出版社の文芸編集の黒髪巨乳姫カット女性がちょっと性格が悪そうな女編集長とバチバチやる。が、この女性は悪意のある悪人ではない(完全な悪人がいないのも丸戸っぽい)。主人公が中心となって曲者が一致団結する雰囲気になり、良い方向に進んで行く〜という展開も既視感があるが、テンポ良く話が進む。良くも悪くも安定の丸戸史明だった。

二巻が発売されるのが2021年冬とのことなので気長に続きを待つ。ホワイトアルバム2よりは待たされることはないと思うので、丸戸史明不足のオタクにオススメです。

 

urasunday.com

NieRシリーズにまつわる思い出

f:id:yun_sakura:20210429230243p:plain
NieR Replicant ver.1.22474487139...』を購入した。

本作は『NieR Replicant』のリメイクではなく、あくまでもバージョンアップ版らしい。*1

NieRシリーズを知ったのは中学生の頃で、同級生の間では『鬱ゲー』と呼ばれていた。学生当時、自分が経験していた人間関係のトラブルやいじめの問題を矮小化するために好き好んで『鬱ゲー』作風のゲームばかりプレイしていたので、当然NieRシリーズも気になっていた。しかし、私は金が無い学生だったのでPS2ゲームキューブしか持っておらず、NieRシリーズに触れるべき年頃にゲームをプレイすることが叶わなかった。ただ、作品に使用された主題歌『Ashes of Dreams』や、サウンドトラック『イニシエノウタ』、『エミール/業苦』はたまに聞くほど気にいっていた。

社会人になった頃に、『NieR:Automata』が発売され、その頃にはPS4を手に入れていたのでようやくNieRシリーズに触れることが出来た。が、途中で挫折してしまった。

理由は、酔いだ。グラフィックが綺麗過ぎてすぐに酔ってしまい、15分プレイして吐き気がして止めて、落ち着いたらプレイを再開して~を繰り返していて、吐き気がおさまらない時はプレイ後、1日寝て過ごすレベルに吐き気が止まらなかった。

そんな状態の中、突如9Sの劣化版東方のような戦闘が始まり、いよいよ無理になってしまった。9Sのビジュアルが白髪ショタ美少年白黒ゴシック風衣装だったり、アダムとイヴが半裸の細マッチョ白髪ロン毛だったり、とにかくビジュアルは好みそのものだったが9Sの戦闘と画面酔いだけは耐え難かった。

という経緯があって、『NieR:Automata』は投げてしまったこともあり今回の『NieR Replicant』リメイク版『NieR Replicant ver.1.22474487139...』は、かなり期待していた。

しかし、これも投げてしまいそうである……。

エミールはめちゃくちゃ可愛いしカイネも○○○○という属性なので行く末を見届けたい、音楽もずっと聴いていられるほど良い。だけど10分くらいしか共に過ごしていないキャラクターに「どこまでも追いかけます!」「あなたが僕を救ってくれた!」というハリウッド映画のクライマックスにありそうな台詞を連発され、感情が追いつかず、あまり物語にのめり込むことが出来なかった。マップ移動も端から端まで移動、おつかいゲーパートがある、石の神殿の必要なのか分からない謎パズル、神話の森で突然の画面真っ黒でビジュアルノベルのような表示に切り替わる、微妙なUIなどが気になってしまった。絶妙に限られた予算の中でやりくりしていたような作りが気になって気になって仕方が無い。色々と期待しすぎてしまっていたのかもしれない。楽しみ方としては、シリーズ通してプレイして、考察を楽しむのが良かったのだろうか。

作品の楽しみ方は、あんまり文句を言わずに作り手が表現したい事だけに焦点を当てて、汲み取れるようにしていきたい。NieRシリーズもタイトルが有名になっていってしまって、FFみたいな大作を知らず知らずのうちに期待してしまっていたのかも。FFプレイしたことないけど。終劇。

近況、シンエヴァ感想、そして最近やってしまった人間関係での失敗

f:id:yun_sakura:20210425002215j:plain

ご無沙汰しております。

生きてます。生きてるので、シンエヴァも見ました。

この記事の一番最後に、シンエヴァの感想書こうと思います。

 

しばらく更新していませんでしたが、生きてます。ギリギリ。

仕事が辛いので、映画を見ることで感情の起伏を強制的に起こして現実逃避したり、思考整理を放棄して過ごしていました。

 

本題です。ここ最近コミュニケーション不足なのか、自分の中でモヤモヤしている感情や状況の言語化の作業を怠っていたからなのか、2、3時間後にふと、「あの時の自分の発言やばいな」と思う瞬間が増えました。ということは、自分が思っている以上にコミュニケーションでやらかしをしてしまっている可能性が高いです。うまく纏っていないが失敗のメモを残します。

  • 寂しさを他人にぶつけてしまっていた

ステイホームステイホームな情勢で、ろくに会社にも行っておらず、あまりにも人と会って話す時間が減ってしまったのが原因だと思うが、人と会ってコミュニケーションがしたい!という気持ちがより強くなってきました。この気持ちを持て余し過ぎて、会社のミーティング中に誰かと話す機会があると、一方的にコミュニケーションしたい欲を相手にぶつけてしまっていたような気がします。その結果、会話の中で反応すべき事にプラスして過剰なまでに自分のフィールドの話をしてしまっていたような。

もし、自分が人とコミュニケーション出来ていない状況に対して寂しいと感じているなら、「寂しい」を「寂しい」という形のままで、「寂しい」とシンプルに伝えるか、「寂しいからリモート飲み会を開催しよう」、「寂しいから話そう」といった展開に持っていけば良かったはず。

だけど私は、「寂しい」を欲望に変化させて他人にぶつけてしまっていた。かなり良くない。「寂しい」はネガティブな側面とポジティブな側面を兼ね備えている感情なので、管理するのは難しいけど、まあもう2X歳なのでシンジ君見習って大人にならなきゃいけないな……。

 

シンエヴァの話(※ネタバレ有り)

 

続きを読む

1/18の夢日記

今日は明け方からずっと頭痛が酷く、ここ一週間くらいまともに睡眠を取れていなかったため情緒も不安定だった。

今日は夢で、友人を連れて謎の施設へ行った。イメージ的には、映画『ミッドサマー』のような世界観だった。(未視聴)その施設のあるビルは10階以上の建物で、地下には貧しく、生活する場所を提供されている人たちが収容・飼育されていた。ほぼ牢屋なのに、3人くらいの女性たちがボロボロのワンピースに身を包み、くっつき、笑顔でパンをかじっていた。恐怖を感じた。飼育された人たちは何かの実験を待っていた。

f:id:yun_sakura:20210118222639j:plain

ビル最上階の屋上に上がると何故か大型トラックがあり、そこに何人かの人間を積んで直進し、地面に向かって落下していった。大勢の人たちが大型トラックが落下する様子を見守っていた。また、風呂場に行くと施設の長老みたいな人物が湯船に浸かってその人を半裸の若者たちが取り囲み、何かの儀式をしていた。怖かったので、木製?ちょっとレトロなエレベーターで1階まで降りようとしたら、エレベーターが恐ろしい速度で急速落下し、ジェットコースターに乗った時のような内蔵の辺りがふわっと持ち上がる感覚があった。我々はエレベーターで死んだ。ここで目が覚めた。